クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS やっぱり異常だった盧武鉉

<<   作成日時 : 2013/06/25 08:35   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

盧氏「日本の拉致主張は変」=07年の南北首脳会談録―韓国

 【ソウル時事】韓国の情報機関、国家情報院(国情院)が24日、2007年10月の盧武鉉大統領(当時)と北朝鮮の金正日総書記の南北首脳会談の会議録と抜粋版を一部国会議員に配布した。聯合ニュースが入手した抜粋版によると、盧氏は駐韓日本大使から日本人拉致問題に関する主張を聞いたとし、「変だとしか理解できなかった」と言及。米国に対しても「覇権的野望を如実に表している」と冷淡な心情を吐露している。

 野党側は強く非難。抜粋版では金総書記の発言は少ないが、全文が明らかになれば、北朝鮮も強く反発するとみられる。

時事通信 2013年6月24日(月)

 盧武鉉がおかしい、と言う事はみんなわかっていたのだが、やっぱり異常者だったんだねえ。
 どうやら、金正日との会談でも、彼の言う事をひたすら賛美し、なんと世界各国に行った時も拉致問題に限らず、金正日の代弁者として発言を続けていたと言うのだから、あれを大統領とした韓国人の責任は大きい。

 拉致問題で変だとしか理解できなかったらしいが、拉致被害者は日本人よりも、はるかに多くの韓国人が居るのに、あの馬鹿はそう言う人たちへの思いすら全く無かった、と言うことなんだなあ。

 日米双方に対し、不信感を抱き、北朝鮮に信頼を寄せていたのだから、そりゃ、日米双方から信頼を失なうのも当然の話。

 韓国にまともな大統領の誕生を期待しても無理か?と本気で思ってしまうぞ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
やっぱり異常だった盧武鉉 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる