クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 見てないが

<<   作成日時 : 2013/07/05 13:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

   自民、TBS取材や出演を拒否 党幹部級、報道内容受け

 自民党は4日、TBSの報道内容について「公正さを欠く」などとして当面の間、党役員会出席メンバーに対するTBSの取材や出演要請を拒否すると発表した。問題視したのは、6月26日放送の「NEWS23」で通常国会会期末の法案処理を報じた内容。党は「重要法案の廃案の責任がすべて与党側にあると視聴者が誤解する内容があった。マイナスイメージを巧妙に浮き立たせたとしか受け止められず、看過できない」としている。

 TBSは4日夜、報道機関に対し、「自民党から抗議を受けたことは残念。引き続き、理解を得られるよう努力していく」とのコメントを発表した。

朝日新聞デジタル 2013年7月5日(金)

 この番組は見てないし、どう言う感じだったかはまったくわからないが、選挙戦に突入し、ひとつでも多くの番組に出て、党の主張を言いたい時にこの対応をとる、と言うくらいだから、相当に偏ってたんだろうなあ。

画像


 多分、そう言うものなんだろうねえ。TBSが偏向しているのは誰でも知っているが、法案が廃案になった最大の原因は、自民党ではなく、最大野党なのに、まったく野党間調整ができず、選挙で協力して欲しいから、ひたすら他の野党に阿った民主党に有るのは間違い無い。

 無論、まず法案を成立させてから、と言う判断をしなかった自民党の委員長にも問題があるのだろう。だが、全てを自民党に押し付けるような報道は、まったく異常なものだと言うことだ。

 自民党としては、ここで毅然とした姿勢を見せる事で、安倍おろしが社是である朝日系列など他のメディアに対しても、必要なら取材拒否をするぞ、と言うことをみせたのだろう。

 もし、このまま取材拒否が続けば、選挙期間中、TBSでは党首討論をはじめとする、与野党による討論会が開けないと言う事になるよね。与党からは公明党が出るかもしれないが、やはり責任与党は総理を出している自民党なのだから、その自民から誰も出ていないでは、まったく議論が盛り上がらないし。

 TBSが謝罪するのか?最後まで突っ張るのかだ。
 もし、突っ張れば開票速報の時も、自民党から情報を伝えられない、と言う異常事態になるからね、多分、折れるんだろうな。本気でそこまでの主義、主張を貫くような信念が有るマスコミじゃないだろうからな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【政治】自民党がTBSに対する取材拒否を解除
1 :再チャレンジホテルφ ★:2013/07/05(金) 21:03:52.18 ID:???0 自民党はTBSに対する取材拒否を解除したと発表。2013/07/05 20:40 【共同通信】http://www.47news.jp/FN/201307/FN2013070501002121.html ...続きを見る
【2chまとめ】ニュース速報+
2013/07/05 22:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
見てないが クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる