クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 結局共産か

<<   作成日時 : 2013/07/06 09:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

   共産、12年ぶり選挙区議席確保の可能性

 共産党は参院選序盤情勢で、2001年以来、12年ぶりに選挙区選で議席を確保する可能性が出ており、議席を伸ばした6月の東京都議選の勢いが続いている。

 共産党は、1998年参院選で15議席(選挙区選7議席、比例選8議席)を獲得した。2001年は東京選挙区で1議席獲得したのにとどまり、その後、3回の参院選では選挙区で議席を得ることはできなかった。

 今回は、東京選挙区(改選定数5)や愛知選挙区(同3)などで議席を確保する可能性がある。選挙区選で複数の議席を獲得すれば、15年ぶりとなる。

 6月の都議選は、投票率が低く、固い組織票を持つ共産党の伸長につながったとみられる。参院選も投票率は前回より下がるとの見方があり、共産党に有利に働く可能性がある。共産党としては、安倍政権への批判票の受け皿となることを目指す構えだ。

読売新聞 2013年7月6日(土)

 どうやら各種世論調査が出てきたが、今回、自民が圧勝するのは間違い無いようだ。ほぼ確実に、自・公で過半数を獲得し、捻れを解消しそうだ。

 31の1人区、沖縄と岩手以外はほぼ確実に自民が取るようだし、この2つの選挙区も自民が優勢。2人区以上の16選挙区で、17〜19くらいを獲りそうだと。さらに、比例も過去最高の20議席くらいは取るかも、と言うことで、このまま行くと、一気に非改選も含め、単独過半数すらありうる勢いなんだそうだ。

 過去は強い政党を報じる事で、アナウンス効果で逆バネが働いたりもしたが、今回の自民の勢いの最大要因はアベノミクスでもなんでもなく、自民党以外に入れられる政党が無いと言うことなのだから、この勢いが落ちる可能性は少ない。

 本来、自民を勝たせすぎないよう、その受け皿となるべき民主は、まったく迷走を続けたまま。特に、選挙戦突入直前の鳩ぽっぽのトンデモ発言に続き、菅まで党が非公認とした候補の応援に行く、など元総理が一所懸命足を引っ張る。さらに、党再生の切り札となるはずの幹事長も、その発言がぶれて、信用されていない。

 維新、みんなは身内の喧嘩であきれられ、せいぜい、現有勢力倍増も無理な状況。

 となれば、かつて55年体制下もそうだったように、自民党に対する勢力が頼りなければ、どうせ政権には届かないから、自民党に対する批判票としてぶれない共産党が選択されると言うことだろう。

 都議選がまさにそうだったように、今回の参院選も同じ構図になるかもしれない。
 
 本当は、自・公でギリギリ過半数、そのくらいがちょうど良いと思うんだけど、受け皿がなければどうしようも無い、そう言うことだな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
その通りですね。
箕輪伝蔵
2013/07/07 20:52
あの、新大久保のデモをやっている団体。
先入観無しで動画見ますと、市役所が、ある団体に対してだけ税の優遇(免除)をしている問題や公民館の使用に関して、ある団体には無条件で使用許可する。
 その手続きをする事務員は、ある団体と裏で繋がっている・・・。
 こういう事実を暴露しています。

表面上はスピーチの表現がどうだこうだと言われてますが。
 本当にフォーカスしたいのは「特権・逆差別」。
 残念ながら既存政党ではできない事。

共産党よ。見習えよ!
自民党をこういうやり方で追い詰め、反日を止めたら、応援してやるし、拡散してやるよ。 
ひょっとこハム太郎
2013/07/08 05:44
箕輪伝蔵さん、おはようございます。
共産が選択肢、と言うのは正しい状況じゃないと思うのですけどね。

ハム太郎さん、おはようございます。
在特会の主張には聞くべき点も多いのですが、やり方がまずい。あれでは特亜と同じレベルに落ちてしまいます。

共産党もかつては、独自の軍隊を持ち、プロレタリアート革命を目指す過激さがあったのですが、今の共産はほんとうはぶれない、と言うほど評価すべきものじゃないんですが、ほかがブレブレなんで相対的評価が上がった、と言う事でしょうね。
クルトンパパ
2013/07/08 06:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
結局共産か クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる