クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS モナ男、末期症状

<<   作成日時 : 2013/07/10 11:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

  細野氏、連日の「菅たたき」 新しい民主党アピール?

 【二階堂友紀】民主党の細野豪志幹事長が街頭演説などで菅直人元首相への批判を強めている。菅氏は参院選東京選挙区で、党の公認を取り消された大河原雅子氏を公然と支援。細野氏は処分をちらつかせてこれを牽制(けんせい)する。「菅たたき」で古い民主党からの脱却もアピールしたいようだ。

 9日夕、東京・JR立川駅前。菅氏は福山哲郎元官房副長官と大河原氏の応援演説に立ち「(脱原発で)東京選挙区で最も頑張って来たのは大河原さん」と訴えた。同党は共倒れを防ぐため、同選挙区の公認を鈴木寛氏に一本化。だが、菅氏は「原発ゼロに本気で取り組んでいる候補だけを応援する」と意に介さない。

 そんな菅氏を細野氏は連日のように批判。7日の街頭演説で「菅さんに頼る民主党ではもう駄目だ」。8日には「決めたことを守れない方々には退場してもらっていい」と踏み込んだ。

 党幹部は、細野氏の狙いについて「菅氏の処分をちらつかせ、新しい民主党を打ち出そうとしている」と説明するが、民主党はかつて、党内対立が激化して分裂を招き政権を転落した過去がある。ある閣僚経験者は「人気取りのために処分をちらつかせるのは邪道。細野さんも菅さんも、言動に注意した方がよい」と語る。

朝日新聞デジタル 2013年7月9日(火)

 民主党の幹事長が、最高顧問であり元内閣総理大臣を批判していると言うのは、これは誰が考えても異常な話だと思う。
 例えばまだ、鳩山のように離党した、と言うのならまだしも、現役であるのだから、幹事長として、反党行為をやめさせるか、草でなければ除籍処分にしてしまえと言うだけの話。

 それ以前に今民主党がやるべき事は、党内紛争などではなく、党が一致して自民党安倍政権に真っ向から立ち向かう事のはずである。それが選挙に入って、失態何をやっているんだ、と言うことだよ。

 党最高顧問でありながら、首都東京でなんとか議席確保を目指す党の決定を無視する馬カンもまったく論外なのだが、そこに福山元官房副長官まで一緒だとは、あきれて言葉も無い。

 この体たらくが、民主党と細野モナ男の現在が末期症状である事の証明(菅はとうの昔に終わっている)だろう。20は超えると言う予想が多い民主党議席だが、これは本当にYahoo!の予想通り、10台に終わりそうだぞ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【参院選】細野氏、連日の「菅たたき」 新しい民主党アピール?
1 :再チャレンジホテルφ ★:2013/07/09(火) 21:59:20.99 ID:???0  【二階堂友紀】民主党の細野豪志幹事長が街頭演説などで菅直人元首相への批判を強めている。菅氏は参院選東京選挙区で、党の公認を取り消さ... ...続きを見る
【2chまとめ】ニュース速報+
2013/07/10 14:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
モナ男、末期症状 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる