クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ありえん

<<   作成日時 : 2013/07/10 11:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

  本人証言で被爆者認定 韓国在住の男性 長崎地裁判決

 【佐々木亮】被爆者健康手帳の交付を長崎市に申請したが、被爆を裏付ける証人がいないなどとして却下された韓国在住の金勝男さん(68)が、却下処分の取り消しなどを求めた訴訟で、長崎地裁(井田宏裁判長)は9日、処分を取り消し、市に手帳交付を命じる判決を言い渡した。被爆時に乳児だった金さんが、後に両親から聞いたという証言の信用性を認めた。

 訴訟を支援した市民団体「在外被爆者支援連絡会」によると、本人の証言だけで手帳交付が認められるのは極めて異例。交付を命じる判決は、昨年9月に長崎地裁で認められた在韓被爆者の張令俊さん(判決直前に82歳で死去。市側が控訴し、福岡高裁で係争中)の訴訟に続くものだ。

 韓国・統営市に住む金さんは、原爆投下時は生後8カ月で、自身に被爆の記憶はないが、戸籍には長崎市橋口町(爆心地の北東約500メートル)で生まれたとの記載がある。そこで被爆したことや当時の状況を、後に両親から聞かされた、と主張した。

 原爆投下から68年が経っているうえ、日本に住んでいないために証人探しが難しく、手帳の取得を諦めている被爆者は韓国だけでも約100人はいるとされる。本人の証言だけでも手帳交付を認める判決が続いたことで、今後の手帳取得に影響を与えそうだ。

朝日新聞デジタル 2013年7月9日(火)

 被爆二世として言うが、こう言う認定の仕方は絶対にありえない、許されない暴挙である!

 多くの日本人などの被爆者は、その確たる証拠を求められる。うちの父親などは、多くの人が被爆した事を証言する証人となったし、逆にそう言う証言により父親の被爆は認められた。

 また、どこかで線引きをせざるを得ないだけに、わずかの差で被爆が認められない事実上の被爆者も居る。

 なのに、本人の証言だけどころか、本人には記憶すらなく、すでに亡くなっている両親から聞いたと言うたったそれだけの事で認めるのであれば、事実上被爆者としか思えない症状があってもなお、認められなかった多くの方々に対し、過去に遡り認め、謝罪し、賠償すべきだ。

 日本人は本人だけの証言では認められないが、韓国人なら、本人が親から聞いた、と言うだけで認められるのは、これは逆差別だとしか言いようが無い。

 誰だろうが、きちんと当時、良心がそこにいた事を証言してくれる、そう言う人を探すべき、それが筋と言うものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
逆差別。
もういい加減にしてほしい。

が、立法・司法・行政の中に巧みに入り込んで、事務手続きなどの窓口業務にも関与する在日外国人。非常に厄介です。
 
 ここは日本、外国人にお金をやる理由は一つもありません。
ひょっとこハム太郎
2013/07/11 11:57
ハム太郎さん、おはようございます。
日本人はこう言う認定されませんから、完全に逆差別です。

本当に長崎にいて、被爆したのならまだしも、まったく証明も出来ないのにもらえると言うことは、可能性があるのが2000万人出てくると言うことですよ。
クルトンパパ
2013/07/11 12:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
ありえん クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる