クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 96条

<<   作成日時 : 2013/07/11 07:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

    憲法改正派3分の2可能性…参院選序盤情勢

 参院選の結果、憲法改正に前向きな政党で国会発議要件に達する可能性が出てきた。

 読売新聞の序盤情勢調査で自民党が好調な勢いを示しているためだ。焦点は「加憲」の立場の公明党の理解と、みんなの党の動向となる。安倍首相は今後も経済対策に尽力しつつ、史上初の憲法改正のタイミングを見極めていく構えだ。
◆4党で「3分の2」

 憲法96条は、憲法改正について〈1〉衆参各院で総議員の3分の2以上の賛成で発議(国民に提案)〈2〉国民投票で過半数の賛成――を要件としている。読売新聞社の序盤情勢調査によると、自民党、公明党、日本維新の会、みんなの党の4党で、非改選議席を合わせると参院の3分の2(162議席)に届く可能性がある。

 自民党、日本維新の会、みんなの党は参院選公約で憲法改正に取り組む考えを明記している。公明党の「加憲」は、環境権など時代の変化で必要になった条文などを付け加える立場で、憲法改正を容認するものだ。

 自民党は参院選後、投票年齢を満18歳以上で確定させる国民投票法改正案を提出するなど憲法改正に向けた準備作業を進める方針。

 ◆公明はどうか

 焦点は、公明党の動向だ。衆院は公約に憲法改正を明記した3党で3分の2を超えているが、参院は公明党が加わらなければ3分の2に達するのは難しいからだ。同党の山口代表は5日、広島県内の街頭演説で「公明党は今の憲法はいい憲法、さらにいいものを加えていきましょうという考えだ。ほかの政党とは考えが違う部分がある。憲法改正はいいよ、ということでも中身が違う」と述べた。

 また、みんなの党の渡辺代表は「憲法改正より先にやることがある」とも主張している。憲法改正に賛成する代わりに、みんなの党が求める公務員制度改革などの実現を政府・自民党に迫る可能性がある。

 安倍首相は公示日以降、憲法改正について自分からはほとんど言及していない。5日の高松市内の演説では、「景気回復の入り口まできた。私たちが進めている政策は間違っていない」と述べ、経済対策に尽力する考えを強調した。ただ、4日のNHK番組では、憲法改正に関する質問に答える形で「しっかりと議論を深めていきたい」と語った。

読売新聞 2013年7月6日(土)

 個人的には、96条の改正に反対ではない。馬鹿な連中は96条が改正され、国会の過半数でとなれば、すぐに憲法9条が改正され、自衛隊は軍となり、徴兵制が敷かれると騒ぐ。

 だが、96条が改正されたとしても、国会が出来るのは発議までであり、実際に改正するかどうかは国民投票で過半数の賛成を得なければならないのだから、かんたんに9条に限らず、あらゆる条文が変わる事は無い。

 大体、もし9条が変わって、自衛隊が国防軍だか自衛軍だかになったとしてもだ、今時の軍隊では、徴兵された兵士はそれほど使い道が無い上に、かつてのようにコスパが良い、と言うことにもならないから、世界的に徴兵制度そのものがほとんどなくなりつつあるのに、何故いきなり日本では徴兵制度が復活する、と言う事になるのか?そこを彼らは説明しない。

 出来るはずが無いからなんだけどさ(嘲)

 96条が変わろうが、変わるまいが大したことは無い。それよりも、自民党案を元に、国会で徹底的に審議をすることだ。連日連夜、それこそ年中無休、24時間休みなしのコンビニ状態で審議すべきだとすら思う。

 自民党案はたたき台以上のものではない。まだまだ不完全だし、あれをそのまま新しい憲法に、と言うのは私としても容認できないレベル。だが憲法には一切手を触れてはならない、神聖にして犯すべからざる存在としてきた過去と決別するためのたたき台としてはそれなりのものだろう。

 この国の根幹をなす憲法が、大戦での敗北から世界有数の経済大国となり、巨大な軍事力を保持する国となった今も、一言一句変えられていない、と言うのはやっぱり異常な話。
 憲法論議を真剣にやる事は、国会の非常に大事な仕事だと思うけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
96条 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる