クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 防衛省(苦笑)

<<   作成日時 : 2013/07/18 07:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

  <防衛省>新艦名、ネットに誤掲載 黒塗り部分操作すると…

 防衛省海上幕僚監部が、8月に公表予定の新型護衛艦の名称をインターネット上に誤って掲載していたことが16日分かった。命名式の開催を知らせる文書ファイルを同省ウェブサイトで公開した際、式典終了まで非公表とした艦名が見られる状態になっていた。海幕は気づいてすぐファイルを差し替えた。「再発防止に努め、今後適切な公表資料の掲載に努めてまいります」としている。

 文書は護衛艦の命名式・進水式を同月6日に開催することを知らせるもので、「命名式終了まで公表を控える」として艦名を黒塗りにして掲載。塗りつぶす前の文字データが残り、パソコン上の操作により見られる状態になっていた。

 新型護衛艦は全長248メートル、基準排水量1万9500トンで、建造費は約1140億円。ヘリ5機が同時発着できる大きな甲板を持つ海自最大の艦船で、防衛省は航空機運用機能や大規模災害対応の強化などを図るとしている。

毎日新聞 2013年7月17日(水)

 げんざいのひゅうが型よりもおおきくなる新型護衛艦の艦名が、ネット上に流出したようだ。
 護衛艦と言うが、事実上のヘリ空母である新型護衛艦。

 「いずも」なんだってさ。旧国名だね。
 「ひゅうが」「いせ」よりも大きな新型護衛艦、22DDHも旧国名か。

画像


 日向よりも一回りどころじゃなく大きいし、かつての「加賀」と同じくらい。「飛龍」「蒼龍」よりも大きいが、あくまで護衛艦であって空母ではない。

 それにしても防衛省、やっぱりワクワク感がなくなるし、名前は最後まで秘しておいて欲しかったなあ。
 
 22DDH、何隻くらい作るんだろう?安定運用するためには、3隻が必要だとかなんだとか。
 そんなに作れるのかはわからんが、後1隻は作るんだろうね。そしたらまた旧国名。

 かつての帝国海軍では、戦艦が旧国名だったから、この手の護衛艦がそう言う扱いなんだろうね。
 で、2番艦、名前はなんになるか?さすがに、「やまと」「むさし」は無いだろうなあ。

 あっという間に沈んでしまった悲運の空母「信濃」をしのび、「しなの」ではいかがでせうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
防衛省(苦笑) クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる