クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS やはり東電は信用できない

<<   作成日時 : 2013/07/23 07:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

   <福島第1原発>汚染水海洋漏れ、地元漁民ら怒り

 「やっぱりか」「なぜ今日なのか」。東京電力福島第1原発の敷地内で出た放射性汚染水について、22日、懸念されていた海洋漏れが「あった」と認めた東電に対し、原発事故の影響で漁自粛が続く福島県の地元漁協は怒りをあらわにした。計り知れない風評被害の拡大へ不信感や危機感をのぞかせた。【中尾卓英、神保圭作、高橋秀郎】

 福島県いわき市沿岸では今年9月から、シラスなどの試験操業が原発事故後で初めて開始される予定で、この日は地元で漁協組合長らが専門家を交えて協議していた。その後飛び込んだ最悪のニュースだった。県内のある漁協関係者は「海に流れているのではないかということはうすうす感じていた」と話し、別の漁業関係者は「選挙が終わった日になぜ」と話していた。

 東電の新妻常正常務らは22日午後3時半、汚染水が海へ漏えいしている事実を説明するため、いわき市の県漁連を訪問。頭をさげる常務らに、対応した県漁連の野崎哲会長や、いわき市漁協、相馬双葉漁協の組合長は硬い表情で「風評被害につながる。ショックは大きい。とにかく早く漏えい対策を取ってほしい」と迫ったという。

 県漁連と東電は、たまり続ける汚染水対策の一環として地下水をくみ上げ海に放出する「地下水バイパス」の稼働を巡り、議論を続けている。県漁連の幹部は「(今回の汚染水漏れの)影響は大きい。組合員へも説明を続けているが、反発は避けられない」と話す。

 いわき市漁協の矢吹正一組合長は「重い話だった。分かりにくい数値を並べるより、我々の生活の糧である『常磐の海』を以前の状態に戻すことが東電と国の使命」と指摘した。

 一方、昨夏に試験操業を始めた相馬双葉漁協の佐藤弘行組合長は「これまでの説明で一番厳しい内容だ。慎重に慎重を重ね、放射性物質検査で基準値(1キロあたり100ベクレル)を下回る魚を15種まで一つ一つ増やして試験操業をしてきたのに」と不満を漏らした。

毎日新聞 2013年7月22日(月)

 今さらかい!(怒)

 高濃度の汚染が湾内などで確認されていたのに、東電は漏水を認めようとしてこなかった。そして、こうしてどう言ういいわけも出来なくなって、ついにその事実ではなく可能性をやっとしぶしぶ認めただけの話。

 近隣住民、ひいては日本国民の命よりも、自分たちの体面、賠償から逃れる事を優先し、ひたすら責任逃れに終始する東電の姿勢が、まったく変わって無いと言う事だ。

 湾外にまでは被害は広がって無いと言うが、東電の発表など1mmも信用できないからね。

 復興支援はしたい。が、こう言う状況では、福島の野菜、魚介類を安心して口にすることは難かしいよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
記者「汚染水、海に出ちゃったよね?」東電「・・・」記者「本当はちょっと出たでしょ」東電「うん。」
1 :/)`・ω・´):2013/07/22(月) 20:29:20.16 ID:NF1cUbOj0 ?2BP(2828)放射性物質汚染地下水、東電が海への流出認める東京電力福島第一原子力発電所の地下水から高濃度の放射性物質が検出されている問題で、... ...続きを見る
【2chまとめ】ニュース速報嫌儲板
2013/07/23 09:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
解体して国営にできないのでしょうか
幹部はクビですし、中身を一掃しないと次に進まない。
結局国が援助してるのにこの有様。
どこの電力会社も信用できなくなってます。
とも
2013/07/23 10:24
ともさん、こんにちは。
よく言われるような、いわゆる「解体的出直し」が必要な組織であるのは間違いないようです。

安倍政権になったと言っても政府が一朝一夕に変わることは無い、と言うことです。政府も東電も信用できないでは、福島復興は厳しいですね。
クルトンパパ
2013/07/23 11:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
やはり東電は信用できない クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる