クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 東電は変わってない<柏崎刈羽原発再稼動申請へ>

<<   作成日時 : 2013/07/03 07:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

  <東電再稼働申請へ>新潟知事が不快感「信頼関係を破壊」

 「地元自治体との信頼関係を破壊する行為」。東京電力が柏崎刈羽原発(新潟県柏崎市、刈羽村)の再稼働に向けた安全審査を申請する方針を示したことに対し、新潟県の泉田裕彦知事は2日、厳しい口調で東電の対応を批判した。再稼働に必要な地元合意の見通しは全く見えず、東電の申請自体もいつになるのか分からない。地元の不信は長引くばかりだ。

 「福島原発事故の検証なしに再稼働の議論はしない」と、これまでも繰り返してきた泉田知事。この日は東電の記者会見を受け、急きょ休暇を返上して新潟市内で記者団の取材に応じ、「東電が企業としての責任を果たしていない中、申請をしていくのは国民の理解を得られるとは到底思えない。地元に対する説明も一切ない」と不快感をあらわにした。

 一方、地元・柏崎市の会田洋市長は「(原子力規制委員会への申請方針は)突然のことで正直、びっくりしている」としながらも「(是非は)東京電力の話を聞いて判断したい」。刈羽村の品田宏夫村長は「申請は東京電力の経営上の判断であり、村はコメントする立場にない。村長として安全に関わることは説明をよく聞いて積極的に発言したい」と述べるにとどめた。

 再稼働を巡って住民投票の実施を求めてきた市民団体「みんなで決める会」共同代表の橋本桂子さん(40)は「東電は経営上の課題から前のめりになっている。泉田(新潟県)知事には県民の安全を第一に判断してほしい」と話した。

 原発推進の立場を取る柏崎青年会議所環境エネルギー委員会委員長の竹内一公(かずまさ)さんは「(東電が)安全を第三者に確認してもらう目的の申請で、再稼働は別問題だというなら当然のことだ。いち早く安全な再稼働を期待する」と早期再開を求めた。

毎日新聞 2013年7月2日(火)

 東電は何にも変わってない。柏崎刈羽の再稼動をする、しなければ3期連続の赤字となって、東電の資金調達、借入金などが大変な事になる、と言うことはわかっていたのだから、新基準に沿って再稼動を申請すると言うのは、随分前からわかっていたことなのだから、それならば、当然、こうやって発表する前に、新潟などと事前協議を行っておくのは当然の話。

 いまだに、天下の東電がやると言うのだから、ごちゃごちゃ言わずに従えと言う殿様商売気分がまったく抜け切っていないと言うことだ。

 しかも、再稼動を申請すると言う柏崎刈羽原発だが、本当に新基準をクリアしたと言えるのか?にも疑問が付きまとうし、何より事故を起こした福島と同型のものを、まったく収束の目処が経たない今、自分たちの都合を優先し、きちんとした事前説明などをやらないままの申請と言うことは、まったく地元などの理解を得られるはずが無い。

 とにかく東電は変わっていない。それがはっきりしたと言うことだ。
 新基準にさえ、本当に大丈夫なのか?と言う疑問が付きまとうのに、ベントもまだ未完成だし、活断層があると言う指摘も有る中、何を考えているんだ?と言うことだ。

 赤字解消のためには、原発を再稼動するか、再値上げをするしかない、と言うがその前に、無駄を省き、馬鹿高い役員報酬、社員給与の削減など、徹底的に身を削ってからの話だ。何でもかんでも、自由にやって、それを電気料金に上乗せして大丈夫、と言う異常な営業形態の残滓をいつまで引きずっているんだ!と怒られても仕方無いのだよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
パパさん、こんにちは。
 天下り役員の報酬カットは前提ですが、社員の給与カットまでは、してはならないと思っています。
 24時間365日停電せず、また、天災で停電しても直ぐに復旧する(当たり前でも何でもありません)ためのコストも含まれているからです。
 また停電しないのは、『節電』の影響も大きいのですが、そのことで向上の生産力が落ち、社員雇用に響く面もあります。
 価格に響く一番の理由は、やはり原油やガスを買うのに足元を見られるためですが、その理由は『軍事力が無く、貢献できないため』です。
 幾らお金があっても『お情け』で分けてもらっている状態です。
 なので原油より格安の『天然ガス』ですら、高値で買わざるを得ません。
 『唯一の妥協点』の海上給油は、『日本国民が選んだ』民主党が潰しましたしね。
 前にも書きましたが『エネルギー供給』は『国策』です。
 と言うか、マスコミと学校でそこまで穿って教育しないと、民主主義ではどうしようもないです。(政治家に国民の支持が無いと何も出来ないから)
 ちなみに、『ルーピー鳩山とその仲間達』が言ってる中国から『電力を輸入する』と言う妄言ですが、あれだけ中国詣でをしているくせに、中国の停電率の高さを知らないのでしょうね。
世界史は面白い
2013/07/10 16:36
世界史は面白いさん、おはようございます。
役員給与などのカットは当然ですが、かわいそうな気もしますが、社員給与も非常に高いレベルにある以上、一定額は仕方無いでしょう。給与も当然、電力料金に含まれますから、一般利用者の理解を得なければ始まりませんし。

将来、大きな負担が来るのは間違い無いが、当分は安く済む原発を利用するのか?それとも燃料高騰を飲んでも、みんなが我慢し、それ以外で行くのかは国民みんなが考えないとでしょうね。

中国とか韓国から、と言うのはむちゃくちゃ。わが国の電力を一方的に供給するばっかりになりますよ、敵国に対し(笑)
クルトンパパ
2013/07/11 06:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
東電は変わってない<柏崎刈羽原発再稼動申請へ> クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる