クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 浜岡はありえんでしょ

<<   作成日時 : 2013/09/26 10:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

  <浜岡原発>4号機再稼働申請へ 中部電、年度内に

 中部電力は25日、運転停止中の浜岡原発(静岡県御前崎市)3〜5号機の再稼働に向け、最初に4号機の安全審査を年度内のできるだけ早い時期に原子力規制委員会に申請する方針を明らかにした。

【浜岡原発】再稼働申請、沸騰水型では初 審査難航も

 原発の新規制基準に対応した安全対策工事の計画概要が固まったため。また、2015年3月末を予定していた3、4号機の工事完了について、追加対策が必要になったとして、4号機は15年9月末、3号機は16年9月末に延期すると発表した。

 再稼働は、規制委の審査に合格し、地元自治体の了解を得る必要がある。安全対策完了も前提のため、実現しても15年10月以降となる見通し。中部電は浜岡原発停止で経営が悪化しており、再稼働を急ぎたい考えだが、地元の反発は根強く、了解を取り付けられるめどは立っていない。

 追加対策の費用は約700億円を見込み、これまで明らかにしている対策も含めると、総額は3000億円規模に上る見通しだ。

 発表した追加対策は、福島第1原発事故を受けて策定された新規制基準で新設・強化された項目が中心で、防波壁の地盤改良や配管の補強など地震対策▽火災感知器や耐火壁の追加設置など火災対策▽重要機器への防水カバー設置など浸水対策▽電源車の追加配備など電源機能強化−−など。

 既に着手している防波壁の18メートルから22メートルへのかさ上げや、放射性物質を除去できる「フィルター付きベント(排気)装置」の設置などの完工時期も合わせて延期する。

 追加対策は「3、4号機の工事を同時に行うのは効率的でない」(増田博武執行役員原子力部長)として、出力が大きい4号機を先行させる。3号機の安全審査の申請時期は「申し上げる段階にない」としている。5号機は、地盤の状況から想定される地震の揺れが3、4号機を大きく上回るため、引き続き工事計画を検討し、申請時期も未定という。

 現時点で規制委に安全審査を申請しているのは、北海道、関西、四国、九州の4電力会社の6原発12基で、いずれも福島原発や浜岡原発とタイプが異なる加圧水型。【和田憲二、森有正】

 ◇「現実性ない」

 静岡県の川勝平太知事は25日、浜岡原発の再稼働について「安全審査を受けることイコール再稼働ではない。県でも安全性はチェックしていくが、それも再稼働とは結びつかない。再稼働の現実性はないと思っている」と否定的な見方を示した。

毎日新聞 2013年9月25日(水)

 正直、これから危険な原発は廃炉に向かうだろうし、そうじゃないとだめだろう。本当ならば、全ての原発を無くすべきだが、原子力技術の継承とか、安定した電力供給を考えれば、すぐに、と言うのは無理かもしれない。

 だが、それでも確実に東海地震がやってくると言われている中、浜岡原発はどれほどの対策を施そうが、安全とは言えないのだから再稼動などありえない。

 原発に関して言えば、とにかく、徹底的な審査を行い、安全と思われる原発、上位何ヶ所かだけを稼動させるか、本当はもっと徹底的な対策を施した、新たな原発を作るべきだろう。再稼動させる以上、東日本震災以上の地震が来ても、大津波が襲ってきても、航空機テロがあったとしても、それに耐えられるものでなければだめだ。

 この夏の異常な暑さをなんとか、ほとんどの原発が止まった状態で乗り切れたのだから、急ぎ、再稼動をさせるよりも二度と福島のような事故を起きさせない対策を万全に施してからであるべきだろう。

 免震重要棟が無かったり、非常電源確保対策が十分じゃないとか、津波対策の防波堤も計画だけ、と言うのに再稼動を認めたりすれば、大変な事になるぞ。震災はいつ襲ってくるか、誰もわからないのだから。

 と言う事で、浜岡など再稼動させれば国が滅ぶぞ!絶対にだめだぞ。

 うーん、山本太郎みたいな事を言ってるか?わし。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
残念ながらパパさんは山本太郎さんにはなれません。
 山本さんは格が違います。
沢山のウソと女性がらみのスキャンダルが無いと山本太郎さんにはなれません。
 それとウソをついても顔に出さない、オドオドしない大胆さ。
 
 残念!パパさん!(*_*)
ひょっとこハム太郎
2013/09/29 17:54
この原発についてはパパさんに集う皆様にもいろいろと意見が有ると思うのですが。
 
 @巨大な地震が今後、半世紀以内に必ずやってくるというデータがそろっている。予測されている。
 A原発が巨大地震に逢うと、莫大な被害が予測できる。
 ということは様々な意見を持っているとしても、最低限多くの国民が認識している事実です。
 
 これをどうやって考えていくか?

 国が電力の心配をするのは、国防上、治安上、政治上、医療衛生上必要な部分だけ。
 そして国の関与が無ければ成り立たない高電圧・大容量・厳格な電圧管理が必要な施設だけ。
 
 民間の個人宅、一般企業は太陽光や自然を使った発電にする。
 そうやって国の足かせを解かなかれば、いつまでも「全ては国の責任・何か問題が有れば国に補償を求める」という国民の意識では問題が解決できないと思います。

 自分の電力は自分で発電するということ、必要かもしれません。
 
ひょっとこハム太郎
2013/09/29 18:51
本当は原発から脱却すべきだと思います。が、それが出来ないのなら、国家が管理するようにしないと、今回のような事故が起きれば、一電力会社ではどうしようも無い。

原発を無くせば、原子力技術がなくなる。これは国家の安全上、よろしくないのですから、じゃあ、やるべき事は国がと言う事です。
クルトンパパ
2013/09/30 07:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
浜岡はありえんでしょ クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる