クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 日韓首脳会談はいらない

<<   作成日時 : 2013/10/08 07:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

   安保対話強化で一致=人的交流を拡大―日ロ首脳

 【ヌサドゥア(インドネシア)時事】安倍晋三首相は7日夕(日本時間同日夜)、インドネシアのバリ島で、ロシアのプーチン大統領と約40分間会談した。両首脳は、日ロ初の外務・防衛担当閣僚級協議(2プラス2)が11月1日から東京で開催されることを歓迎し、安全保障分野の対話を強化していくことで一致した。

 首相は「2プラス2は安保分野を中心に日ロ関係に厚みを持たせる絶好の機会だ。実りある2プラス2になるよう外相、防衛相に指示したい」と述べ、大統領も賛同した。

 両首脳は、貿易・投資などの経済協力や、教育・研究分野での人的交流を拡大することで合意。首相は「人的交流は日ロ関係発展の重要な鍵の一つで、若い世代に重点を置いて交流を拡大したい。(双方の)留学生を2020年までに5倍に増やすことを目指したい」と表明した。

 8月に開始した北方領土交渉に関する外務次官級協議については、首相が「(次回協議を)できるだけ早く開催すべきだ」と主張したのに対し、大統領は「2プラス2のときに(協議日程を)しっかり議論してはどうか」と答えるにとどめた。

 一方、首相は、シリア内戦の収拾に向けた2回目の国際会議について「日本として参加する用意がある」と語った。

 大統領は、14年2月にロシアのソチで開かれる冬季五輪に触れ、「ぜひ首相を(ソチに)お迎えしたい」と招請。首相は「国会中なのでしっかり検討したい」と応じた。

時事通信 2013年10月7日(月)

 テレビ、新聞などは日韓、日中首脳会談が行われない、と言うことを盛んに問題視しているが、日中はともかく半島人の習性どおりに宗主国に擦り寄る韓国と、あえて首脳会談をする必要などまったく無い。

 経済的な結びつきとか、これから先を考えれば、中国とはなんとか、良好な関係を築くべきかも知れないが、沈み行く韓国が、その救い主を日米ではなく、中国と定めた以上こちらからお願いしてまで開催する必要はまったく無いと思うけどね。

 それにしても、就任から10ヶ月程度で、ロシアとは4回目の首脳会談。残念ながら、領土問題の進展はなかなかみられないが、2+2が開催されると言うのならば、そこをきっかけとして、双方が合意できるものを探して欲しいものだ。

 あとは中国だけ。何にも先のことを考えず、ひたすら騒ぐだけの韓国と違い、中国はしたたかだからね。尖閣に領土問題があることを認めるまで開かない、と言いながら、どこかに落としどころを見つけてくるだろうし、日本も動くべきだろう。安部外交、結構したたかにきっちりやっている。メディアの韓国との首脳会談騒ぎなど、無視して良い、そう思うがね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
全く貴方の仰る通りだと思います。
韓国には絶対に日本側からアタックしてはだめです。
大和男子
2013/10/08 17:42
パパさん、こんばんは。
 半島人には会談するだけ無駄です。
嘘をついて金をせびることしかしないヒトモドキなのですから。
 北朝鮮には、経済制裁と拉致被害者の返還要求だけで良いし、韓国には一切の経済援助の引き上げと、今までの日本に対しての侮辱行為に対しての歴代首相の謝罪(死んでて無理ですけど)要求と教科書で如何に韓国が日本の世話になり、日本に迷惑をかけたかを掲載することを要求しても良いと思いますよ。
世界史は面白い
2013/10/08 21:58
大和男子さん、おはようございます。
わずかでも譲歩すれば、付け上がりますからね。困るのはあっちであって日本じゃないんですから。

世界史は面白いさん、おはようございます。
朴槿恵、何を考え、どこを目指しているんでしょ?本気で日米との関係を絶ち、中国圏に入るつもりでもないんでしょうが、今のままではそうなりかねません。

韓国とはきちんと距離を置き、冷静に対処する事ですね。
クルトンパパ
2013/10/09 06:20
韓国のF1、大失敗だそうです。
ここで(笑)とか文字を入れれば、面白いのでしょうが、真面目な私としては、そういうことが出来ません。
 隣国に住む人間・友人として心配しています。

@観客席がガラガラ(恣意的にそういうショット・日程を選んで映像をピックアップしたのか?私には満員に見えます)

A路面がうねってる。(そういう路面の設定ではなくて、舗装技術が伴っていなくて、路面を平らに出来ない)

B芝生が育てたものでなく、ホームセンターで売っているような安価なパネル式のもので、F1車両の車輪に噛み込み、走行困難になる。

Cマシンがクラッシュして火災が発生しても、コーススタッフの到着が遅く、大炎上になる。(高価なボデーは不必要に燃える面積拡大)

D火災を消す消火器が高度なモノでなく、泡消火器(火災とは関係ない高価な部品も消火活動により使用不能になった)

Eコースの当初設計段階の時計回りとは逆の“反時計回り”になっているために、ピットからの退出路と走行路の合流地点が“激突ポイント”になっている。

Fドライバーの宿泊は一定レベル以上のホテルではなく、日本の田舎にも有りそうな“ラブホテル”(どうやって世界トップレベルのドライバーの肉体・メンタルの休息が出来るの?)


 
ひょっとこハム太郎
2013/10/09 06:38
そしてここからが本題のGHです

Gドライバーへのインタビューでは・・・本当のレースは、韓国のレースをこなした後『誰が日本に一番早く到着できるのか?』だ。
 そうです。(^_^.)
◎レース用のスーツ、着たまま韓国を脱出してます。

Hさらに『ファンの皆さんに“日本で”逢えることを楽しみにしています』『日本のファンはF1への情熱が感じられる』だそうです。
   ↓
普通は『来年も韓国で皆さんに逢えることを楽しみにしています』だと思うのですが。

 頭の悪い私には理解不能です。

ちなみに、日本のF1会場では、その会場だけでなく企業や市民、交通関連企業、周辺自治体の住民も協力体制をとり、SUZUKAに来てくださるレーサー、観客の皆様に喜んでいただけるよう、取り組んでいます。・・・という雰囲気が伝わってきます。
 F1=これまでのレース関係者・住民・そしてファンの地道な努力の結晶です。

それが、なんでお隣の国には出来ないの?
という、ハムの疑問です。

 ◎隣国の人は物事の表面的な物質・カネというものしか見えないのでしょうかねぇ。
 そのモノ、あるいは出来事の本質というか奥深い理解・理解までの努力・研究というか、そういうものが欠如しているような気がしますね。

 こういう隣人と相互理解なんて無理です。

長々と、すみませんでした<m(__)m>
 

ひょっとこハム太郎
2013/10/09 07:11
ハム太郎さん、おはようございます。
本当に酷かったみたいですね、韓国F1。
SCもなぜかジープだったようだし、消火器が泡消火器だったとか、考えられない。

来年は無いでしょうね、さすがにこの体たらくでは。あの国の妙な背伸びが哀れです。出来る範囲で、あの国らしくいれば良いものを、日本に出来る事は自分も出来ると突っ張るんで、こう言う事になるんですよ。

哀れな国です。
クルトンパパ
2013/10/09 08:25
まともに話せる人たちではないと思っています。
こうなったらこちらもやり方を変えなくては。
攻めに対する防戦ではなく、こちらから逆に責める。

韓国政府にはにベトナム戦争時の韓国人兵士のベトナム人女性に対する行為について説明を求めていく。

いろいろな場面で何度も聞くことが大切だと思います。尾ひれをつけて、相手に否定させるところがポイント。韓国に否定させ、そして蒸し返して何度も繰り返す。「10倍返し」ですよ。
何度も繰り返せばそれは歴史的真実になるのですから。
あそこはそのうち某国朝鮮自治区に?
2013/10/12 16:29
中国が欲しがるかどうか?ですが、いらないようです。半島は足手まといだと言ってるようですし。

で、韓国との付き合い方は、とにかく可能な限り離れている事だと思います。鬱陶しい限りですしね。
クルトンパパ
2013/10/15 06:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
日韓首脳会談はいらない クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる