クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 鬱陶しいなあ、特亜は

<<   作成日時 : 2013/10/10 11:10   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

    靖国参拝、首相見送り濃厚…中韓と関係改善狙い

 安倍首相が、17日から始まる靖国神社の秋季例大祭に合わせた参拝を見送る方向に傾いている。

 中韓両国との関係改善に向けた布石とする狙いに加え、日中対立の深刻化を懸念する米国への配慮もある。首相が靖国参拝にこだわる考えには変わりがないが、中韓両国との首脳会談を実現する環境が整いつつあるとの見方が出ている。

 首相は秋季例大祭での参拝はしないが、神前に供える「真榊(まさかき)料」を私費で奉納することで調整している。複数の政府関係者が明らかにした。4月の春季例大祭の際と同様の対応となる。

 首相周辺は「真榊を奉納しただけでも中国、韓国は文句を言ってくるかもしれないが、春季例大祭でやったこと以下ということはない」と述べた。

読売新聞 2013年10月10日(木)

 正直なところ、思い切って数年間、中国との首脳会談をしない覚悟を決めれば、良いのだが、韓国はともかく、中国とは関係をなんとか構築しておく必要があるからなあ。数年間、どう言う批判があろうが首相などが靖国参拝を続ければ靖国は外交カードにならないと言うメッセージとなり、その後は形式的は文句を言って来ても、大したことにはならないのだが、今、世界第2位の経済大国であり、経済的な結びつきなどを考えれば、中国とはね。

 あと10年もしたら、中共は崩壊するから、そうなれば別に構わんのだけどねえ。

 安倍総理は、とにかく首脳会談をやってから、と言うことだろう。幸い、安倍政権は数年は続くようだから、今度こそ、任期中には行くと思うし。一方中国は、それがわかっているから、靖国問題と言うより、まず尖閣に領土問題があることを認めさせ、さらに、日本がこれ以上の実効支配を強めさせない事の確認を求めていると言うことだなあ。

 以前は、尖閣を日本が盗んだ!とまで言っていたことから考えれば、若干譲歩してきているから、中国も日本と完全に手切れをするつもりまでは無い、と言うことだから、これは後しばらく待てば収まる話かもしれないけどね。

 韓国は別にどうでも良い。あそこが隣になければ、断交しても全然、困らんのだが、困った話だね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
 パパさん、おはようございます。
 ◎さくらじTVの動画より。
売春婦像を設置されたアメリカの市長弁
『理解を深めれば深めるほど、当市の関わる問題では無いと実感しました・・・』という内容のお話をしています。
 売春婦像を設置されたもう一つの市長弁『私は日本とは関わりが深い』『日本人に最も嫌われる都市になったこと非常に残念に思います』

 ◎反韓市民団体動画より
京都『勧進橋児童公園』・・・竹島の略奪は朝鮮人にとっては朝飯前だと分かります。
 さらに自らの違法行為を『人権』にすり替える。
 京都の公務員を上手く利用し、巧妙に略奪工作を仕掛けています。

お花畑のような甘い甘い歴史感の日本人。
 日本国は私たち日本人が主役です。
 
 ある意味、三国人を日本人がのさばらせたと言えます。

 敵は我の中に有り。

 
ひょっとこハム太郎
2013/10/12 08:50
 彼ら米国人のコメントが有りますが、非常に冷静で落ち着いた物言い。
 “資料を集めている”“白黒つけれるものでは無い”“戦争とは、そもそも、そういう事が行われる残虐な行為・・・”
 です。

本心は“この糞アジア人ども、にアメリカに紛争を持ち込むな”でしょうね。

 すぐジャイアンに言いつけるスネ夫。
 どこでもドアで、宇宙の果てにポイして。
 お願い、ドラえもん。
ひょっとこハム太郎
2013/10/12 08:58
ハム太郎さん、おはようございます。
あのなんとかと言う市の市長ですが、心配しなくても日本人のほとんど誰も名前など知りませんから、今でも(笑)

韓国はとんでもない国ですが、あのロビー活動は侮れない。ただ、そのエネルギーをもっと、国の活性化に向けるべきでしょうけどね。
クルトンパパ
2013/10/12 09:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
鬱陶しいなあ、特亜は クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる