クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 悪い試みじゃない

<<   作成日時 : 2013/10/24 08:28   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

     尖閣・竹島で動画配信=外務省

 外務省は、沖縄県・尖閣諸島と島根県・竹島が日本固有の領土であることを内外に理解してもらうための動画を初めて作成し、インターネット動画サイト「ユーチューブ」に掲載し始めた。領土に関する対外広報戦略の一環。再生回数は23日までの1週間で、合わせて12万件を超えた。

 動画は中国が領有権を主張する尖閣諸島と、韓国が実効支配する竹島の歴史的経緯について、音声や写真などで説明している。音声は日本語だけだが、来週以降、英語や中国語、韓国語、スペイン語、アラビア語など11の言語に順次翻訳する。

 今後は、ロシアと交渉中の北方領土や、韓国が「東海」と主張している日本海の呼称についても、日本の立場をアピールする動画を作成し海外広報に努める。
 
時事通信 2013年10月23日(水)

http://youtu.be/TXg-NGVKuWI

 これから、どうやら英語、フランス語などの国連公有語にくわえ、ドイツ語や韓国語バージョンなども作るらしい。まあ、これを作ったから大丈夫だ!とはならないが、今までこう言う取り組みもされ体なかった事を考えれば、なかなかの出来。

 韓国が早速「荒唐無稽な動画であり、削除を要求する」と火病を発症したが、国家が出したものを、国家が「荒唐無稽」とまで言うのならば日本の主張のどの部分が間違っていて、どの部分が捏造されたものなのかをきちんと指摘するべきだが、それは無い。

 と言うより、出来るはずが無い。この動画の主張は、非常に簡潔だが正しい。韓国にしてみれば、国民には絶対に隠しておかなければならない、ラスク書簡やサンフランシスコ条約の決定に触れているから、これは認められないんだろうね。

 尖閣の奴もみると良い。とにかく、簡潔で正しい。

 これでどうなると言うことも無いが、こう言う事から始め、韓国も中国も絶対に応訴しないが、ハーグに提訴すると言う事もやるべきかもしれない。尖閣のように日本が実効支配しているのに、提訴するのはおかしいと言う事があるかもしれないが、とにかく、日本は普通に国際法に則り領土権を主張しているのだ、と言う事を世界にアピールしたほうが良い。

 それなりに良い仕事、そんな感じかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
悪い試みじゃない クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる