クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 真相は闇の中に

<<   作成日時 : 2013/10/29 07:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

天安門で車炎上、5人死亡=突入し邦人含め38人負傷−政治的抗議の可能性・北京

 【北京時事】中国・北京市公安局によると、中心部・天安門広場前で28日午後0時5分(日本時間同1時5分)ごろ、スポーツ用多目的車(SUV)1台がメーンストリート・長安街の歩道に突っ込んだ後、炎上した。運転手と同乗者2人をはじめ計5人が死亡。歩道にいた30歳代の日本人男性1人を含め観光客ら38人が負傷した。

 北京の日本大使館によると、日本人男性は観光で来たが、事故に巻き込まれ口を切るなど負傷、市内の病院に入院した。話はできる状態という。また、フィリピン人観光客1人が死亡し、3人が負傷した。

 車を運転していたのは男性とみられるが、身元などは不明。インターネット上では、共産党統治に不満を持つ少数民族などが政治的抗議を表した可能性を指摘する見方が出ている。中国版ツイッター「微博」で流れる写真や発言を当局は相次ぎ削除し、事態の拡大に神経をとがらせている。

時事通信 2013年10月29日(火)

 これが、政治的背景を持ったテロなのか、それとも、個人的な思惑による事件なのかはわからない。が、3人が乗っていて、一部情報では窓から旗を出して振りながらの犯行と言うから、個人的思惑と言うよりは、何らかの組織的犯行、と言うことの可能性が高いだろう。

 だが、ネットに上がる炎上する車の写真が次々と当局によって削除され、各新聞、テレビなどは当局発表をそのまま垂れ流すだけと言うことからして、間違いなく、その真相が発表される事はありえない。

 おそらくだが、当局は運転手が何らかの病気などの異常で運転を誤った、と言う事にしたいだろうし、それが無理なら、個人的に何らかの反発を持ったものによる突発的犯行と言う事にし、決して、天安門で政治テロがあったなどと言うことは認めないだろう。

 こう言う国に、政治が右傾化しているだの、報道がどうだのと言う批判を受ける覚えは一切無いね。専制国家であること、報道の自由など全く無い事、それを世界がまた思い起こす、それだけで、彼らの行為は無駄にならないだろう。

 民衆や外国人観光客を巻き込まず、実行していたらもっと良かったのだけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
真相は闇の中に クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる