クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 嗚呼、罵韓国

<<   作成日時 : 2013/11/20 07:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 7

ヘーゲル米国防長官 訪韓時の朴大統領の日本批判に苛立った

 11月上旬に欧州歴訪を行なった韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は行く先々で反日を猛烈にアピール。「日本の政治家は歴史問題で不適切な言動を繰り返している」「日本の政治家はドイツをモデルに歴史認識と態度を変えるべきだ」などと“告げ口外交”を行なった。

 朴大統領の「反日憎悪外交」は、同盟国であるアメリカに対しても、事ある毎に行なわれてきた。

 今年5月、初訪米でのオバマ大統領との会談では「日本は正しい歴史認識を持つべきだ」と“直訴”。9月末に訪韓したヘーゲル国防長官との会談でも、歴史問題や領土問題で日本を批判したのである。

 魂胆はミエミエである。朴氏は強大な同盟国であるアメリカを味方につけ、日本を叱ってもらえば、日本がキャンと鳴くと踏んだのだろう。

 残念ながら、その思惑は裏目に出た。10月3日、日米両政府が東京で開いた安全保障協議委員会にヘーゲル国防長官が出席。その場で、「集団的自衛権の行使を巡る憲法解釈の修正」を支持すると表明した。朴氏が必死になって憲法解釈の修正を批判してきたにもかかわらず、アメリカはそれをあっさりと袖にした形だ。

 「ヘーゲル氏は訪韓時、朴大統領に持論の日本批判を並べ立てられて苛立っていた。他に重要な外交課題を持って行ったにもかかわらず、関係ない話ばかりされたからだ。今回、日本の憲法修正支持を表明したのは、朴大統領への当てつけだと見られている」(外務省筋)

 ※週刊ポスト2013年11月29日号

ZAKZAK 2013年11月19日(火)

 多分、これは事実だと思うのだよ。朴槿恵はアメリカだけじゃなく、ドイツだろうがロシアだろうが、行く先々で日本の悪口を言って回っているが首脳外交で、大事なのは、両国間に横たわる問題を改善して行く事であり、そこで無関係の日本に対する一方的悪口を並べ立てられても、迷惑以外の何物でもないと言うことだ。

 まともな国なら、敵対国会でもない国の悪口を、第三国に対し並べ立てるなどありえない。あそこが友好国かどうかは、議論が必要かもしれないが(苦笑)

 さらに罵韓国は、またハルビン駅に、暗殺者「安重根」の碑を建立するよう、中国に対し要請したらしい。本物の馬鹿だな(嘲)

 韓国ではこの安重根を義士として評価するようだが、彼らが国辱と言う日韓併合に反対し、大きな壁となっていたのが伊藤博文公であり、その伊藤公を安重根が暗殺した事で、一気に国論が併合に進んだことを考えれば、安重根はむしろ、韓国において国賊であっても不思議じゃない。

 それ以前に、実際はともかく、一応形式上であろうが友好国の初代総理大臣を暗殺した者を国家が顕彰するなど、まともな国がやる事じゃないと言う事が罵韓国にはわからない。

 こうなれば、日本は粛々と、まずは通貨スワップ枠の復活が無いと言うことを伝え、韓国から企業を引き上げさせたり、渡航自粛を勧告し、さらに、在日韓国人の特権をなくし、帰国させるようにして、徐々に断交に向け、進むべきだろう。

 そうなれば困るのはどっちか?と言うことは、実はもう、メディアやまともな施行回路を持つ人たちが心配し始めている。が、いきなり切り札であるはずの「反日」カードを切ってしまった朴槿恵は、引き換えす事もできず、猪突猛進で破滅の道を進むしかない。

 もしかしたら、久しぶりに韓国軍のクーデターによる政権交代、あるかも知れないな。このままでは国が滅ぶか、また、中国の属国になるしかないのだから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
パパさん、こんばんは。
 朝日新聞が、食品偽装問題について、偉そうに書いてますが、じゃあ『反日国』を『同盟国』と偽装してきた朝日新聞などは、歴代主筆、社主、記者などは罰金を幾ら払うのでしょうね。
 韓国の実態は『ヤクザ』それ以外の何者でもありません。
 国際社会からのヤクザの追放と、その被害額の賠償が出来る世の中を望みます。
世界史は面白い
2013/11/20 19:03
世界史は面白いさん、おはようございます。
どうやら、どんどん、世界は韓国から孤立してきているようで心配です(笑)
朴槿恵、これほど異常な大統領は、あの、ノムヒョンを楽々と超えましたね。

まじめに軍事クーデターで追放、そう言うシナリオが検討されている気がします。
クルトンパパ
2013/11/21 06:18
パパさん、こんにちは。
いやぁ、朴大統領は、ひょっとしたら、大変な過ちを犯したかもしれません。
 実は私、日本人で有りながら、恥ずかしながら無知でありました。
 今朝、NHKのニュースで米国の故ダニエル・イノウエ氏が米国の自由勲章を受賞したそうです。
 氏は第二次大戦中、日系人としてドイツ国防軍との戦いで勇敢に闘い右腕を負傷し切断され、その後も議員として米国に貢献されたそうです。
 この栄誉は米国民としては最高位のもので、我ら日本人の先輩の皆様が汗と血を持って得られたものであります。
 実はそういう皆様が培ってくれた実績が米国社会のあらゆるところに染み込んでいて、米国人の社会や経済に対する記憶や感情の中に影響を与えているようであります。
 日本人の先輩の皆様の偉大さに実に感謝であります。
 つまり、韓国大統領と国民はただ単に日本を批判しただけならともかく、執拗に、しかも継続的に批判し続けるということは、世界で最も緊密である同盟関係にある『米国の歴史』をも全否定することになるということです。
 
 朴大統領は地雷を踏んでしまいました。
 足を離すと起動します、さりとて、ずっとこのままの状態で踏んでいる訳にはいきません。
 ヤバいぞ韓国!
 
 再び、日本人の先輩の皆様が残していただきました『偉大な財産』に感謝です。
 
 
ひょっとこハム太郎
2013/11/21 08:19
 さらに、朴はかつてのドイツと日本を無理無理関連付け、全世界の国民に
 日本の歴史=ドイツの悪夢という方程式を植え付けようとしています。
 しかし、その日本人は大戦中に命を懸けてドイツと戦った。その後も、米国社会の為に必死に貢献した。
 こういう『世界と平和の為に貢献してきた日本』に対しバッシングをする韓国という国。
 所詮、戦争当事国として苦悩したこともない。ただただ、日本のお恵みで経済的に成り立っているだけの、ぽっと出の成金(実はカネが無い)みたいな韓国が、悠久の歴史のある日本と日本人に反抗することなど、米国社会の底辺にある親日感情は『絶対に許さない』ということを実証したということです。
 
 もう、この後は朴大統領がスケープゴートとして、韓国国民や経済界、政治家からバッシングを受け○○○するしか、シナリオを描けません。
 
 韓国大統領と国民の皆様、断交ですか?
 それとも、日本国と日本国民に千年間の『土下座』しますか?
 お返事お待ちしております。(^_^.)
ひょっとこハム太郎
2013/11/21 08:44
ハム太郎さん、こんにちは。
とにかく、ずっと自立自存が出来なかった国が、最後の宗主国に噛み付く事で存在感を見せたがってるんでしょう。

しかも、その宗主国は戦争に敗れたため、少々生意気言って跳ね返って見せても反論してこない事で付け上がっちゃったんですね。

その癖が抜けず、いまだに日本に何か言うと国論が燃え上がる。馬鹿な国です。
クルトンパパ
2013/11/21 13:14
浅はか・・・が似合いすぎる大統領ですね。
過去の多くの実例からすれば、任期が終われば逮捕されるのでしょうけど(笑)
箕輪伝蔵
2013/11/23 10:59
箕輪伝蔵さん、おはようございます。
あまり人気が出ないまま大統領になって、相当焦っている感じですね。パパはまだ、韓国の大統領としてはまともだっただけに、少し期待した私が馬鹿でした。

逮捕まで、これからもこう言う、馬鹿な事をやり続け、韓国を滅亡に向かわせるんでしょう。
クルトンパパ
2013/11/25 06:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
嗚呼、罵韓国 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる