クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 機密保護法、強行成立

<<   作成日時 : 2013/11/27 07:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

  特定秘密保護法案、衆院本会議で可決…維新退席

 安全保障の機密情報を漏えいした公務員らへの罰則を強化する特定秘密保護法案は26日夜、衆院本会議で採決が行われ、自民、公明両党の与党とみんなの党などの賛成多数で可決、参院に送付された。臨時国会は12月6日の会期末が近づいているが、政府・与党は参院でもただちに法案を審議入りさせ、今国会で成立させたい考えだ。

 26日の衆院国家安全保障特別委員会の採決後に行われた衆院本会議は、民主党など野党が、委員会採決同様、この日の採決に反対したため、開会が大幅に遅れて夜にずれ込んだ。

 討論に続く本会議で行われた、与党と日本維新の会、みんなの党が合意した修正案に対する採決では、野党のうち、民主、共産、生活、社民の各党が反対した。与党と法案の修正で合意していた維新の会も、審議が不十分だとして26日の採決には反対し、途中退席した。また、自民、みんなの両党の一部で反対、退席する造反が出た。

読売新聞 2013年11月26日(火)

 何をここまで急いだんだろう?法案に対し、修正合意をしている維新の会が、26日ではなく28日なら採決に応じると伝えていたのに、そのたった2日すら待てないほど、この法案が急がれた意味が良くわからない。

 無論、これが大事な法律であるのはわかっているつもりだが、機密の指定、検証、さらに解除などに多くの問題が横たわったままでるような気がするだけに、特に多くの国民が必要性は理解しながらも、中身などに対し不安を抱く中での強行採決は、この法律に何かくらい闇があるかのような、そんな事さえ感じさせてしまう。

 最長60年で解除、と言うが、それほど公開できない機密が本当に有るのか?とも思うし、ほとんどは30年もすれば公開できると思うのだよね。今回成立した60年と言うのにしても、それでもどうしてもと言う奴はさらに公開せずに済む、となっているのだし、60年は長すぎるようなね。

 さらに、どう言う機密を指定したのかを国民は知る事も無い。もちろん、安倍総理が言うように、一般国民が機密に触れる事などほとんどありえないのだろうが、それでもやはり不安は付きまとうし、何より、政府から独立した検証機関が無いと、政府による恣意的指定で、狙い撃ちされる者が出てきかねない。政権にはいろいろあるんだ、と言う事を日本国民は、民主党政権などで学んできたはずだからね。

 今国会で何が何でも、とやらなくても、継続審議にしても良かったはず。わが国にとって、重要な法律であるのだから、もっと、国民に対し、きちんとその重要性、内容などを知らしめる努力が必要だったような気がするぞ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
パパさん、こんにちは。
この法案。各政党の思惑がわからないので、この野党の行動をどう捉えていいのかわかりません。
 
先のアホたれ民主党政権のように、基地外船長が領海侵犯した事実を隠ぺいしたことで『とんでもない政権が出来、秘密保護法案を持ち出されたら、保守勢力にも不利になる』ということがわかりました。
 極端な話、日本にマルクス・レーニンを尊敬する共産党政権が出来て、なんでもかんでも『秘密』にされることだってありうるということです。
 つまり、そういう部分では怖いと思うのですが。
 世界各国の状況を見てみると、日本だけが情報戦に取り残されている気がしますので。
 私の意見としてはこの法案の成立はむしろ遅すぎたと思います。
  例えば水(情報)がジャァジャァ漏れているバケツの穴、まずは塞いで。
 その後で、その不細工な加工処理をきれいに修復していってもいいと思うのですが。
 この時期しかもうチャンスは無いかもしれません。
 
ひょっとこハム太郎
2013/11/28 16:13
ハム太郎さん、おはようございます。
もっと前に作っておくべき法律だったんでしょうね。それを、NSC設立にあわせて急ぐから、審議が足り無いと言う印象を受けてしまいます。

個人的には、数日間、会期を延長してでも、もう少し詰めるべき点があるような気がしますね。第三者機関、作るのか作らないのか、それすら閣僚間でさえ意見が分かれているような法案は、ちょっと怖い気がしますから。
クルトンパパ
2013/11/29 06:24
パパさん、こんにちは。
 12月4日の産経新聞見たら、絶対に機密にしなければならない解りやすい例が載ってました。
 例えば、レーダーの能力や、軍艦の装甲などは同盟国である米国の害にもなるので、中国を筆頭に絶対ばらしちゃ駄目ですよね。
 それでもマスゴミや左翼政党なら、アッサリ垂れ流すんでしょうけど。
世界史は面白い
2013/12/04 13:23
世界史は面白いさん、こんにちは。
機密期間が長すぎるのが問題だと言うことと、その検証方法が無い、と言う事があるんですけど絵。

それでも、必要な法律なんで、きちんとしたものを作って欲しいものです。
クルトンパパ
2013/12/04 14:56
山本太郎が調子に乗ってますけど、コイツのやってることって、法の全否定ってやつですから。
マスゴミと左翼(自治労日教組含む)って、『自分達は法律を守らなくて良い』
『法に書いてなければ何をやっても良い』
『法で決められていても罰則が書いてなければ守らなくて良い』
の集団ですからね。
 言葉にするだけでも『騒乱罪』を適用できますから6年程ブタ箱に放り込んでおくべきです。
世界史は面白い
2013/12/04 18:15
山本太郎、なんだか国会を封鎖しろ!とか騒いでいるようですが、どうやら、議会制民主主義を否定しているようで。
調子に乗って、何にもわかってないのに扇動する、最悪ですね。
クルトンパパ
2013/12/05 06:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
機密保護法、強行成立 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる