クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 防空識別圏、自衛隊も飛行

<<   作成日時 : 2013/11/28 14:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

 自衛隊機、通告せず防空識別圏を飛行 中国側、反応なし

 中国が尖閣諸島(沖縄県)を含む空域に防空識別圏を設定し、飛行の事前通告を求めた問題で、自衛隊機と海上保安庁の航空機が、この空域を中国への通告なしで飛行したことが28日わかった。緊急発進(スクランブル)など中国側の反応はなかったという。

 中国国防省は、防空識別圏に関する指示に従わない航空機には、中国軍などが緊急措置を取る方針を23日に発表していた。海保は飛行した日時や機数は「運用上支障がある」として明らかにしていないが、同日以降に通常業務の一環として東シナ海を飛行した。

 また、防衛省関係者によると、自衛隊機も従来通りの哨戒活動などを変えておらず、28日までに中国が設定した防空識別圏内を飛行した。

朝日新聞デジタル 2013年11月28日(木)

 本当に中国は防空識別圏を設定したのか?と聞きたくなるな。米軍のB52に反応しなかったのは、まだ、相手が世界最強の米空軍機と言うことで、自重したと言うこともあるかもしれないが、日本の自衛隊機や海保相手に、そう言う配慮をするようでは、とてもじゃないが、いわゆる防空識別圏をきちんと設定している状態じゃないのは間違い無い。

 やはり、今回の防空識別圏設置は、中国国内向けのパフォーマンスである可能性が高い様な。もしかしたら、軍部は本気だったかもしれないが、近隣諸国との融和を目指すと言い出した習近平政権が、偶発的先頭を避けるため、一切のスクランブル発進などを避けるよう、指示を出しているのかもしれない。

 習近平政権にとっては、この防空識別圏を撤回さえしなければ、あとは、日本やアメリカがそこを飛行し、それにスクランブルを掛けられなかった、と言うことさえ国内に発表しなければ良いだけの話なんだろうしね。

 だが、いつまでも中国軍部がおとなしくしているとも思えない。いずれ、偶発的な戦闘、これが起きかねない。日本、韓国だけじゃなく、オーストラリアやイギリスからも批判されているだけに、今後が注目されるかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
文字どうり米軍機として『識別』できましたということではないでしょうか?
 グッジョブ!共産党軍!

しかし、こんなことをしたら、米軍、米国民、米国マスコミを敵に回すもんですよね。
 しかも、親シナが多い日本国民とマスコミ、反共政党に『シナは怖い』といういい口実を与えることになりますし。
 日本の前防衛大臣も『全てが中国の不利な要素になる』言っていました。 

 自分の為の墓穴を掘る(墓穴を掘る)。
 いい言葉ですね(^_^.)

 しかし、安倍さん、こういうシナの行動も自らの追い風にしてしまうなんて。
 すごく、運のいい政治家・リーダーですね。

 まあ、私自身、営業の仕事してた時、実感しましたからね。
 たゆまぬ努力の人間が“運”を味方につけてしまうと最強になるって。
 落ちるときは、急降下ですが。 
 
ひょっとこハム太郎
2013/11/28 16:31
 自衛隊機も飛行していたんですね。
 防空識別圏ってやはり『識別しました〜っ』って兵士が言うだけのエリア設定なんですね。
 
 攻撃もスクランブルもかけないなんて、なんて平和的な国なんでしょう。
 元国防大臣の森本敏氏は『そもそもスクランブルそのものの設定が無いのではないか?』ということでした。
 つまり『共産党軍はスクランブル発進、そしてそのやり方を知らない』ということなんでしょう。
 お笑いですね。ゲラゲラ。
ひょっとこハム太郎
2013/11/28 18:22
スクランブル設定が無い?まさか!です。
あったとして、下手に出て行けば、本当に交戦と言う事態を引き起こしかねず、そうなると、日米と中国の機体の差、がはっきりしてしまうから出せない、そう言うことかもしれませんが。
クルトンパパ
2013/11/29 06:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
防空識別圏、自衛隊も飛行 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる