クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 参院選、無効判決

<<   作成日時 : 2013/11/29 06:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

参院選無効判決 原告の弁護士グループ「すばらしい判決、完全勝訴だ」

 「すばらしい判決であり完全勝訴だ」。原告である升永英俊(ますなが・ひでとし)弁護士グループの久保利(くぼり)英明弁護士は、閉廷後に岡山市内で開いた記者会見で晴れやかな表情をみせた。

 広島高裁岡山支部では、今年3月に片野裁判長が言い渡した衆院選「一票の格差」の「違憲・無効」判決に続く勝訴。久保利弁護士は「この国は変わる。国会は無効判決を受け止めてほしい」と訴えた。

 午前10時、満席となった法廷に、片野裁判長が主文を読み上げる声が響いた。判決前、正面に座る被告の岡山県選挙管理委員会関係者に厳しい視線を向けていた原告席の弁護士ら9人は、「無効」の声を聞くと互いに笑みを浮かべた。

 同支部での衆院選の無効判決は、今月20日の最高裁判決で「違憲状態」に覆った。久保利弁護士は最高裁の判断を「一人一票の価値が同じでなければということを認めてくれなかった」と批判した上で、今回の判決について「選出された参院議員は正当性を持たない。国会での審議も国民主権に基づかないということだ」と訴えた。

 同じ法廷で判決を受けたもう一つの弁護士グループを率いる山中眞人弁護士も「非常にいい判決だ。無効で良かった。当然の判決がやっと出たという感じ」と評価した。

 一方、岡山県選管の岡本研吾委員長は「非常に厳しい判断がなされたものと受け止めている。判決内容をよく検討し、国とも協議の上、今後の方針を決定したい」とコメントした。

産経新聞 2013年11月28日(木)

  この片野裁判長と言うのは、先の衆院選に対しても無効判決を出した人だけに、この判決は想定の範囲内。この裁判長は、戦時中の中国人に対する強制労働に対し、賠償を認めるようなちょっと困った判決をチョコチョコ出す人だからなあ。

 個人的には、参議院に票の平等などいらんと思ってます。各都道府県それぞれ裏表1議席だけの、全部で94議席にすれば良い。

 そう言うと、憲法が認めるなんだかんだ、と言う事に抵触する、と言う批判も出るし、1票は平等であるべきだ、とか言われてしまうからね。

 正直、これ以上の票の格差を無くそうとすれば、今の都道府県単位での選挙区割りを見直さなければならなくなり、そうなると、今の自治にすら影響が出てくる。それを避けようとしたら、今の全国区をなくし、ブロック制にして、そのブロックの議席配分で票の格差を無くして行く、と言うことが良いかもね。

 それでもきっと、選挙区で票の格差がと批判されるだろうけどね。いっそ、参議院を無くすか?と言う話だね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
同感ですね。絶対平等を言うなら、全国で一人だけ選んで、独裁にすればいいわけですから。
これこそ、憲法を改正して、参議院を地域代表の議会に定義づけすべきですよ。
あんな連中、気がくるっているんじゃないですかね。
箕輪伝蔵
2013/11/29 15:18
箕輪伝蔵さん、こんにちは。
票の平等、大事なのかもしれませんが、間違いなく国の均衡発展には障害になりますし、参院の独自性、それをきちんと出すためには、地域代表とするか、完全に無所属のみで、全国区だけにするかくらいしかない。

あの訴えた弁護士たちの顔を見ると、正直、吐き気がします。
クルトンパパ
2013/11/29 15:52
ぱぱさん、こんにちは。
誤「すばらしい判決であり完全勝訴だ」
正「愚かな弁護士のパフォーマンスであり、それに乗せられた裁判官の現実を見ない馬鹿な判決だ」
こんな事を訴えるなら、存在自体が違法な自治労と日教組(具体的な罰則が無いだけで、地方公務員の政治的活動は法律で禁止されています)を訴えろよ。
 山本太郎を辞めさせるなら、喜んで応援するが。
 そもそも憲法の基本理念が解っていないんじゃないか。憲法の第一の目的は、国民の安全・生活の保障ですが、この馬鹿の言うとおりにしていたら、それと逆でしょうに。
世界史は面白い
2013/11/29 17:32
世界史は面白いさん、おはようございます。
あの「どや顔」見るとこいつらはろくなもんじゃない、と思います。
どう考えても、完全平等は無い。票の価値を同じくすれば、地方の均衡発展の平等性は失われる。どちらを優先すべきか?なんですけどね。
クルトンパパ
2013/11/30 06:41
胡散臭い弁護士にしか見えない。
通常の仕事を依頼されることなく、暇だったから裁判起こしたんじゃないかと…。

過疎地の声は要らない?
格差是正というなら、単なる有権者数ではなく、投票率の高さで見たほうがいいと思うんですが。
ねむ
2013/11/30 23:58
ねむさん、おはようございます。
売名が一番の理由でしょう。どうみても、真剣に取り組んでいるようにも見えませんし。

なんだか嫌な連中のような(苦笑)
クルトンパパ
2013/12/02 06:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
参院選、無効判決 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる