クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS やっと当たり前の体制に

<<   作成日時 : 2013/11/29 11:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

  自衛隊の邦人輸送、携行武器に制限設けず 閣議決定

 政府は29日、海外で緊急事態が起きて自衛隊が邦人を輸送する際に、携行できる武器に制限を設けないことを閣議決定した。避難する邦人を陸上車両で輸送できるようにする改正自衛隊法が成立したことを受けた措置。現在は拳銃、小銃、機関銃に限っているが「必要かつ適切なものとする」と改めた。

 防衛省によると、過去に自衛隊が海外で活動した際に携行した小型重火器の「無反動砲」や個人携行対戦車弾が、新たに携行できる武器の候補になるという。小野寺五典防衛相は29日の閣議後の記者会見で「輸送対象者や自衛官らの生命、身体を防御するためのものと考えれば、携行武器の範囲はおのずから限定される」と語った。

日本経済新聞 2013年11月29日(金)

 これは当たり前の話であり、これまでが異常な状況だったと言うことだ。
 海外で法人を自衛隊が、緊急に輸送しなければならない事態と言うのは、それだけで非常に危険な状況である事はわかるわけであり、重武装の相手に、小銃、機関銃で対応しろ、と言うのは、救助する邦人も自衛官も死ね!と言うのに等しいものだったのだから。

 自衛隊はあくまで、専守防衛と言う制限があるから、当然、こう言う変更があったとしても、本当に十分な武装をして行く事は出来ないのかもしれないが、相手が怖れ、攻撃をためらうくらいの武装をして行かなければ、安全に邦人輸送は保障されないと思うから、もっと、ちゃんとした装備を時には許すべきなんだと思うけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
パパさん、おはようございます。
 これは当然のことですね。
民間で例えれば、『必用な資金も重機も無しに、家を建てろ』と言ってるような物です。
 反対派の左翼政治家は、『自衛隊だって日本国民』って事を忘れてないか。
 特に他人に謝らせることが大好きな、謝民党のピースボート大好きの某さんは、一度自分が謝るべきじゃないかな。
世界史は面白い
2013/12/02 08:34
世界史は面白いさん、こんにちは。
やっと普通の状態になったと言うか、まだ十分じゃないでしょうが。
以前の体制だと、救助に言った自衛隊を外国の軍隊に守ってもらわなければならないと言うことですから。

9条原理主義者たちは、受け入れがたい決定でしょうが、自衛隊員も無事に帰ってきてもらわないとだめですし。
クルトンパパ
2013/12/02 16:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
やっと当たり前の体制に クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる