クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 佐村河内氏

<<   作成日時 : 2014/02/07 07:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

     裏切られた…佐村河内さんの広島市民賞取り消し

 広島市は6日、佐村河内守さんに2008年に授与した「広島市民賞」を取り消すと発表した。

 佐村河内さんから代理人の弁護士を通じて、市民への謝罪と、「賞を返上したい」との連絡があったという。

 市によると、同日夕、弁護士から市役所に電話があり、佐村河内さんの反省の弁を伝えてきた。佐村河内さんは「平和や被爆への思いを持って活動してきたことにうそはないが、ゴーストライターが作曲していたことは、広島市や市民に大変申し訳なく思っており、深く反省している」と話しているという。

 賞は、被爆2世の作曲家として聴覚を失いながらも被爆体験の継承と核兵器廃絶を訴える活動を評価して授与された。市の担当者は「裏切られた形となり、本当に残念」としている。

読売新聞 2014年2月6日(木)

 この問題だが、佐村河内守と言うのが、二人の合作の名前だ、と言うことだったらそれほどの問題にならなかったのにね。おそらく、当初はこれほど評判が高くなるとは思ってなかったんだろう。だから、印税配分とかを決めず、1曲いくら、と言う簡単な感じで始めてしまった。

 そしたら、曲の出来映えがよく、さらに、佐村河内氏のプロデューサーとしての能力の高さゆえ、作られた作曲家としてのイメージが評判を呼んでしまったため、引き返せなくなってしまったと言うことだろうな。

 どうやら、彼の評価を決定付けたと言われる交響曲1番「Hiroshima」も、原爆への鎮魂歌などではなかった、と言うが、それはね、別に良い。騙された人は残念だが、ショスタこービッチの「革命」も別にそう言う思いで作られた曲じゃないが、別に偽装だと言われていないし。

 が、独学でピアノを習得した天災で、まったく耳が聞こえなくなった壮絶な人生の中で作られた、と言う彼の楽曲にそう言う背景を重ね感激したファンにとっては、その経歴が全部嘘だった、と言うのは酷い裏切り、と言う事になるんだろうねえ。

 佐村河内守氏を「さむらかわちのかみ」だと思っていた私には関係無い話だが(笑)

 いろいろ問題はあるんだが、一番は彼の耳が聞こえていた、と言う点だろうな。佐村河内氏の弁護人は、「障害者手帳を確認したから間違いなく障害はあるはずだ」とか言っていたが、どうやらこの弁護士は、障害者手帳による不正受給などと言う事件があったことをまったくご存知無いらしい。

 新垣氏によれば、彼が作って録音したものを佐村河内氏が聞いて、修正を求めてきたりした、と言うからとてもじゃないが耳が聞こえない、とは思えない。大体、彼は天才作曲家でありながら、音符が読めず、書けないらしいから、どうやってそれで楽曲を確認できたのか?と言うと耳で聞くしか無いと言うことだし。

 作曲にゴーストライターを使ってた、と言うのは道義的問題はともかく刑事罰は微妙だが、この不正受給は完全にアウト。大変だねえ。どうやらコンサートは中止になるし、雑誌やCDの回収もとなれば、その損害賠償を求められる事になるだろう。

 稲垣氏は楽曲に対する評価が高いと言うことで、これからは自分の名前で作品を発表できる事になるから、それなりに大丈夫かもしれないが、曲も書けず、プロデュース能力以外何にも無い佐村河内氏は、これまでのたくわえを全部吐き出しても足りないかもしれないなあ。まあ、自業自得だから仕方無いけどさ。

 それにしても、何故このタイミングなんだ?と思うよ。高橋大輔がきついね。彼が使うから、嘘をついたままではとかなんとか稲垣氏は言っているが、JASRACも困ってるだろうし、それ以上に、ロシア国内での著作権の問題なども絡むと言う話もあり、最悪、ロシアの嫌がらせでこの曲が使えなくなる、と言う事になればこれは最悪だし。オリンピックが終わってからでよかったようなね。

 評価が高かった分、これから来る波は大きい。はたして河内の守は耐えられるのかね?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
本当に誰も知らなかった・・・のでしょうかねぇ・・・とも思います。二人だけでやっていたにしても、どこかでわかる関係者もいたのではないか・・・ということですが・・・。
問題の音楽は、ほとんど聞いていませんが、条件付きでないと、どうなんでしょうかねぇ・・・とも思いました。まあ、そんな音楽崇拝もあるんでしょうけど。
箕輪伝蔵
2014/02/07 17:30
 パパさん、こんばんは
特に耳の障害の方は、もっと早くバレそうなものですね。
こっそり彼の背後に忍び寄り、紙袋を膨らましてパン!とやってみたいものです。
ビクッ!となったら聴こえている証拠
スクネ
2014/02/07 19:34
箕輪伝蔵さん、おはようございます。
わかってた人いたはずですね。どうやら、佐村河内氏が書いたはずのスコアが、新垣氏の筆跡と同じだと言ってた人がいたと言いますし。
良い曲なんでしょうが、彼が作り上げた壮絶な人生ストーリーがそれに重みを増して、と言う部分があったような気がしますね。

スクネさん、おはようございます。
高校時代から難聴で補聴器を使ってたと言いますから、聞こえ難いのは間違い無いとおもいます。が、まったく聞こえないと言うのは、映像などを見てもあやしい。いきなり聞こえなくなった、と言うのは今は通り難いらしいんですが、徐々に、となれば医師の診断は甘くなりそうですからね。

映像見てたら、後ろからの問いに普通に答えてたりしますからね。どうなんでしょうね?
クルトンパパ
2014/02/08 06:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
佐村河内氏 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる