クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS やっと拉致批判<国連>

<<   作成日時 : 2014/02/18 08:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

    北の拉致は国家政策、人道への罪…国連委報告

 【ジュネーブ=石黒穣】北朝鮮の人権に関する国連調査委員会は17日、北朝鮮による外国人の拉致などに関して、国家政策に基づく組織的な人権侵害が裏付けられたとする最終報告書を公表した。


 北朝鮮の人権侵害は「人道に対する罪」だとし、国連安全保障理事会に対し、金正恩キムジョンウン第1書記を含む北朝鮮指導部の個人責任を追及するため、国際刑事裁判所へ付託することを勧告した。

 ◆国際刑事裁付託を勧告

 調査委は2013年3月、国連人権理事会で設置が決まり、日本、韓国、英国、米国で公聴会を開いたほか、脱北者ら240人以上にインタビューを行って、証言を集めた。

 日本人など外国人の拉致について「最高指導者の承認を得てきた」と認定。北朝鮮がこれまで主張してきたような、一部の特殊部隊の暴走行為などではなく、「国家政策に基づいて行われてきた」との見解を初めて明確に示した。

読売新聞 2014年2月18日(火)

 のんびり屋さんだねえ、国連と言うのは。今頃になってやっと、北朝鮮が人道への罪を犯していると言う報告。
 日本人らの拉致が始まって、一体何年経ったと思ってるんだろうね?日本人や韓国人が何人拉致されようが、猿同士の奪い合いくらいにしか思ってなかったんだろうと言いたくなるね。

 それでも、これでやっと、拉致だけじゃなく、政治犯などに対する圧迫や、最近頻発していると言う公開処刑にも批判をした報告書が出た事で、少しは北朝鮮に対する圧力になるかもしれない。

 ただし、北朝鮮はすでに、わが国に対する言われ無き誹謗中傷だ、とか言い出して、まったく反省する色を見せてないから、これでどのくらい、拉致問題解決が進展するか?は疑問だが。

 これからは、報告書が指摘した国際司法裁判所の判断が求められるが、当然、北朝鮮が同意するはずもなく、安保理がICCへの付託を行おうとしても、中国が反対するのは間違いなく、司法判断は下らない。

 それでも、これで少しは世界が北朝鮮による国家犯罪を理解し、同時に、まったく人権が無い北朝鮮をどうするかを真剣に考えて欲しいものだ。

 それにしても本当に遅い。遅すぎる上に、重要な制裁を加えようとしても、常任理事国の拒否権がそれを許さない国連。本当にこここそ、根幹的改革が必要なんだろうなあ。出来ないだろうけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
役に立たない国連なんぞ要りませんね。
とも
2014/02/19 11:46
ともさん、こんにちは。
一度解体し、本当の国際機関として作り直さないとだめですね。
クルトンパパ
2014/02/19 12:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
やっと拉致批判<国連> クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる