クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 本当にメリケンは

<<   作成日時 : 2014/03/06 08:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

     「銃のポーズ」で10歳児が停学に 米

  米オハイオ州の小学校に通う10歳の児童がこのほど、手で銃の形を作ってみせたという理由で3日間の停学処分を受けた。父親はこの処分に疑問を投げかけている。

 処分を受けたのは5年生のネイサン・エンティンハ君。父のポールさんによると、2月26日、科学の授業中に友達とふざけていて、教室の外に出るよう教員に指示された。親指を立てて人差し指を前に突き出す銃の仕草をしてみせたことが、「暴力や妨害行為は一切容認しない」と定めたオハイオ州の規定に違反するとみなされたという。

 「息子は友達の頭に指を向けて『ブン』と言った。相手の子もほかの子たちも見ていなかったが、教員の目に入った。脅したわけではなく悪意もなかった。10歳の子どもが遊んでいただけだ」とポールさんは主張する。

 翌朝、ポールさんはネイサン君を連れて校長と面会し、「火器のまね」をしたことを理由に停学処分を通告された。「もしまた同じことをすれば、停学期間が長引く」とも言い渡されたという。

 コロンバス学校区の広報によれば、この学校では数週間前から教室内で男子児童が銃を撃つまねをしたり紙で銃を作ったりして問題になり、校長が保護者に注意を促していたという。

 ポールさんは「誰かを見せしめにしなければならないほどの事態になっていたのかどうかは分からない」としながらも、「10歳の子が指を突き出したからといってどれほどの脅しになるのか」と疑問を投げかける。

 オハイオ州教育局の統計によると、2012〜13年にかけての1年間で、「火器のまね」を理由に停学処分を受けた州内の児童生徒は419人、退学処分も38人に上っている。

CNN 2014年3月5日(水)

 本当にメリケンには困ったものだなあ。どうやら、この例だけじゃなく、アメリカ全土で給食のピザを銃の形に切って遊んだとか、水鉄砲を相手に向けたなどで、かなりの数の児童が停学になったりしているらしい。

 個人的には子供が銃を撃つまねをして遊ぶなど、世界中どこでもある話であり、全く普通の話でしかない。

 こう言う事で処分を下すよりも、銃規制を徹底するほうが普通じゃないのかね?手で銃の真似をしただけで停学になる一方では、子供向けの銃が売られている、異常な事だと思うのだが、アメリカはそれが普通なんだよね。

 どれほど銃による犯罪、殺人が横行しても、銃規制をするなどと言う事は異常な話だと言う発想など、普通の国とは違うんだね。

 こう言う事で停学にしたとし続けても、銃による校内での銃犯罪は続く、それでも、規制することはしない。
 それがメリケンだな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 パパさん、こんばんは
日本のジャンケンのチョキの変形ですね。
これをやっただけで停学って、厳しいというより、アホルールかと。
水鉄砲もダメですか。
トイザらスで普通に売られていますけどね。
先に、銃を乱射している大人たちをどげんかせんといかんと思うのですが…
スクネ
2014/03/06 17:55
スクネさん、おはようございます。
銃が溢れているから、こう言う過剰反応をするんでしょう。本当に大事なのは、溢れかえっている銃を何とかするべきなんですが、銃規制をやろうとすると、下手すれば大統領が暗殺される国なんですから無理なんでしょう。

妙な国ではあります。
クルトンパパ
2014/03/07 06:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
本当にメリケンは クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる