クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 意外とここから始まるか?野党再編

<<   作成日時 : 2014/03/07 07:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

   「石原氏は党を出て行け」 維新若手、原発政策巡り批判

 日本維新の会のエネルギー調査会が6日開かれ、会長に就任した石原慎太郎共同代表に対し、若手議員が「(党を)出て行け」と声を荒らげる一幕があった。

【写真】日本維新の会国会議員団による「エネルギー調査会」の初会合で、若手議員と議論する石原慎太郎共同代表。右は平沼赳夫国会議員団代表=6日午後3時36分、東京・永田町、越田省吾撮影

 席上、石原氏は、原発輸出を可能にする原子力協定に反対する党方針を持ち出し、「多数決の文化は高校の生徒会のやり方。バカバカしくて恥ずかしい」と批判し、賛成を表明した。

 これに対し、若手議員が「出て行ったらよろしいでしょ。維新の公約や」と反論した。賛同の歓声も上がって場は騒然とした。

 石原氏に近いベテランの園田博之衆院議員が「反対は決まったこと。従わないと、政党政治が成り立たない」と取りなしたが、石原氏は発言を取り下げなかった。石原氏は調査会後、記者団に「公約が間違っている。勉強して出直したらいい」と怒りをぶちまけた。離党は否定した。

朝日新聞デジタル 2014年3月6日(木)

 もともとこの政党は、石原・橋下両共同代表が、地方自治体の首長として中央の戦いで共感を持ったことと、基本的な政治姿勢が似ていると言う事で合体したのだが、個々の主張を見て見ると、まったく水と油で、この東西が融和する可能性はほとんど無い。

 それに加え、維新の会躍進の原動力であった橋下代表にも陰りが見えてきているし、このままでは、かつての日本新党と同じく、消えてなくなってしまうだけ。

 結いの党、民主の右側とまとまるグループと、自民党、みんなの党と固まるグループに、きっちり分かれ、政界再編の起爆剤になったほうが、今のままよりははるかに世のため人のためになると思うぞ。

 それにしても面白いね。代表が党の決定に従わんぞ!と明言するなど、普通の政党じゃありえん。それをやるのが石原慎太郎だし、それを認められないものは、一緒には活動できないと言うことだ。

 大阪市長選挙の仕掛けも不発だし、もっと別の道を目指し、それぞれ歩み出す方が維新の会のためにも、国のためにもなると思うけどなあ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 日本の頑固オヤジここに有りですね。
確かに、多数決で決まった事に従わないのは、通常の常識では有りえないことです。
 しかし、常識の通じない国家が隣に二つ有って、日本国内では常識では考えられない犯罪が多発しています。
 多数決では解決・突破出来ない問題もあるのです。
 石原氏は、彼のカラーに有った政党でやっていくべきだと思います。
 いう事を聞かない国には彼の強烈なパンチが必要です。
 凶悪犯罪者に対して“多数決で決まった優しい罰”では効き目が無いのと同じだと思います。
 がんばれ石原のオヤジ!
ひょっとこハム太郎
2014/03/08 03:18
通常ならば、党の機関決定に代表が公然と反旗をひるがえすなどありえないんですけどね(苦笑)

維新の会は石原氏には向いてません。側近とともに新党結成するか、自民に戻るかでしょう。
クルトンパパ
2014/03/08 06:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
意外とここから始まるか?野党再編 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる