クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS STAP、一からやり直し

<<   作成日時 : 2014/03/26 08:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

   STAP細胞、別マウスで作製か…異なる遺伝子

 理化学研究所は25日、小保方おぼかた晴子ユニットリーダー(30)が作製し、山梨大に保管されていたSTAPスタップ細胞が、小保方リーダーが使ったはずのマウスと異なる種類のマウスから作られていたことを明らかにした。

 理研は、食い違いが起きた経緯や論文への影響について調べる。

 理研発生・再生科学総合研究センターによると、論文共著者の一人である若山照彦・山梨大教授が、小保方リーダーから渡されて手元に保管していた2種類のSTAP細胞由来の幹細胞について、遺伝子を分析した。その結果、若山教授が小保方リーダーにあらかじめ提供した「129系統」と呼ばれるマウスと異なる2種類のマウスから作られていたことが判明した。若山教授は分析結果を理研関係者にメールで連絡した。

読売新聞 2014年3月26日(水)

 指定されたマウスと別のマウスを、間違って使ってしまうとか、若山教授に返す時に間違うと言う可能性がどのくらいあるのか知らないが、STAP細胞製造証明の根幹をなす様な大事なものだそうだから、そこを間違うと言う可能性は低いのでは?もし、間違ったとしたら、あまりにもレベルが低すぎるし、故意にやったとしたらもう、STAP細胞そのものの存在が疑われても仕方無いと言う事だな。

 個人的には、小保方さんはSTAPを作ったと信じたい。が、もしかしたら、思った形と違う形で偶然にできてしまって、自分でも再現できないのではないのかなあ?で、多分こうだった、と言うのを報告して、だんだん、自分でもそれを信じ込んでしまったとか。

 とにかく、一度きちんと出てきて、謝罪すべき点は謝罪し、今一度、きちんと再現できるものを作ると言ったほうが良い。朝日の非常に下劣な冷やかしなど気にせず、研究者として立ち上がって欲しいものだ。

 彼女の再度ストーリーがおかしいとかなんとかは、彼女の責任と言うより、理研の問題だろうから、それはおいといて、とにかく本当に作れるのだ!と言う事を証明して欲しいね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
間違えたんでしょうし、そうでなかったとしても、悪いことだとは思っていなかったのでしょうね・・・。
ハーバード大学への留学が全ての始まりのように思えます。理研や小保方氏だけにしがちですけど、ハーバードの二人、バカンディ教授と野島医師のことも、ちゃんと関係づける必要がありそうですね。
箕輪伝蔵
2014/03/26 11:05
箕輪伝蔵さん、こんにちは。
あのサイドストーリーもそうですが、研究以外何も知らない人を持ち上げ、あらが出れば一気に引きずり落とす、そう言う感じがして嫌ですね。

今も出来たと信じてます。ただ、大事な手順などに不備があってなかなか再生できない。頑張って欲しいと思ってます。
クルトンパパ
2014/03/26 11:43
研究結果が本物だとしても虚しいだけです。

国民が平和ボケに溺れるだけでロクなことがありません。

ノーベル賞の山中も俺に言わせりゃ自己満足ジジイでしかありません。

山中に一言言うとしたら、「大津やら各地の教育界が完全に腐ってて、それに怒ってる人間たちを後目に全国にヘラヘラ与えて自己満足に溺れてんじゃねぇよ、このメガネザルが!!」って感じです。
…………
2014/03/27 12:00
…………さん、こんにちは。
山中教授は(苦笑)

今回の事件と平和ボケはそれほど関係が無いようなきがしますが。
クルトンパパ
2014/03/27 12:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
STAP、一からやり直し クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる