クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国は正しい歴史認識を

<<   作成日時 : 2014/03/31 07:27   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

菅官房長官の安重根発言非難=「伊藤博文こそ侵略の元凶」―韓国

 【ソウル時事】韓国外務省報道官は30日、菅義偉官房長官が伊藤博文元首相を暗殺した朝鮮独立運動家、安重根は「犯罪者」との認識を改めて示したことについて、「常識以下の言動であり、嘆かわしい」と非難するコメントを発表した。

 菅氏は29日のテレビ番組で、中韓両首脳が23日の会談で、安重根の記念館開設を評価し、連携を確認したことに対し、「日本で言えば犯罪者、テロリストの記念館だ」と不快感を示した。

 報道官は「伊藤博文こそ植民地支配と侵略を統括した元凶であり、安重根義士を非難することは(植民地支配と侵略を謝罪した)村山談話を否定することだ」と主張。萩生田光一自民党総裁特別補佐が河野談話の検証に関し「新しい事実が出てくれば新しい談話を発表すればいい」と発言したことなどにも触れ、「安倍内閣の歴史認識がどのようなものなのか反問せざるを得ない」と批判した。

時事通信 2014年3月30日(日)

 伊藤博文こそ植民地支配と侵略を統括した元凶 などと本気で言っているのならば、まじめに歴史を学ばないとだめだ。

 確固たる歴史的事実として日韓併合を推し進めようとしていた時の政権に対し、最大の元老として断固反対していたのは1mmも揺らぐ事の無い話。

 最大の要因は日露戦争後、経済がぼろぼろだっただけに朝鮮半島を抱え込む余裕など無い、と言うものだったかもしれないが、実は、伊藤博文は朝鮮人を高く評価していて、新渡戸稲造に対しこの国の歴史を見ても、その進歩したことは、 日本よりはるか以上であった時代もある。この民族にしてこれしきの国をみずから経営できない理由はない。 才能においては決してお互いに劣ることはないのだ。などと語ったと新渡戸稲造が書き残している。

 実は安重根は妄想で生きている南より現実的な北朝鮮では、以上の理由からそれほど高く評価されていないらしい。実際、伊藤博文が朝鮮人によって暗殺された、と言う事で、反対派も黙らざるを得なくなり、一気に併合が進んだのだから、彼を英雄とするのは実際には中国、日本に対し、本当の意味での独立戦争をしたことがなく、まともな戦いすらできていないため、国家を守った英雄がほとんどいない韓国が無理やり英雄を作り出す必要があるからと言うことだろう。

 どうでも良いのだよ、韓国など。ただ、隣国では互いの歴史認識が食い違う事などよくある話。どうしても歴史認識を一致させる必要が有るのなら、二ヶ国だけではなく、第三者を交えて徹底的に議論をやるしかないと言うことを一度、韓国に教えてやらないとね。自分たちの歴史認識を日本が一方的に受け入れるべきだ、と言う主張はおかしいと言うことを彼らは知らないようだから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓国は正しい歴史認識を クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる