クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「解釈改憲」には反対だが

<<   作成日時 : 2014/03/05 10:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

  作家ら「解釈改憲に反対」 「戦争させない委員会」結成

 安倍政権が意欲を示す憲法の解釈変更による集団的自衛権の行使容認に反対する作家や学者らが四日、東京・参院議員会館で「戦争をさせない千人委員会」の発足集会を開いた。

 憲法学者の奥平康弘東大名誉教授やルポライターの鎌田慧さんら八十七人が呼び掛け人となった。記者会見で奥平氏は「解釈改憲は憲法改正と同じ。内閣の解釈で九条をないがしろにしてはならない」と訴えた。鎌田氏は「戦争前夜が迫っている。政党や労組だけでなく、運動のネットワークを広げたい」と語った。

 作家の雨宮処凛(あまみやかりん)さんは「(安倍政権が)本性をむき出しにした。この国を根本からものすごいスピードで変えようとしている」と指摘。「九条が空文化する方向への動きが加速している」と危機感をあらわにした。

 会見に先立つ集会には約百二十人が出席。「戦争準備を進め、秘密国家をつくろうとする政府への批判行動を強める」とのアピールを出した。

 委員会は各都道府県で同様の組織をつくり、署名や国会要請行動をする。他の呼び掛け人は作家の落合恵子さんや評論家の佐高信さん、俳優の菅原文太さんら。

東京新聞 2014年3月5日(火)

 私も国会審議を経ず、内閣の決定だけで行える「解釈改憲」には反対です!

 でもね、国会で憲法改正に関する審議をやろう!と言うと、すぐに「右翼だ」「戦前回帰だ」と騒ぎ、まもなく70年になろうとする憲法の、一言一句変える事を許さず、憲法が時代からずれてもそれに目をつぶり続けるそう言う勢力に組するつもりは一切ない。

 集団的自衛権の行使は国際的に認められた国家としての権利であり、日本単独での国家防衛が難しく、さらに、国際協力がこれからもどんどん求められる時代に、一緒に行動している同盟国、友好国が危険に晒されている中、自衛隊は何にも行動できないでは信頼を得られないのは自明の理。

 集団的自衛権の行使を容認する事が、右傾化、戦争に突き進む行為だと言うのならば、日本国内で騒いでないで、国連に乗り込み、集団的自衛権を認めるな!と言って来い!

 なんか本当に気持ち悪いなあ。集団的自衛権をと言えば右傾化だと騒ぎ、スパイ防止、情報漏洩の防止のための機密保護法ができれば、戦前回帰、治安維持法の復活だと騒ぐ。

 こう言う連中は機密保護法ができれば、オスプレイが飛んでいる画像をネットに流せば捕まると騒ぎ、居酒屋で政治について語ったら捕まると騒いだが、そう言うことの実態との違いを一切、謝罪する事も無い連中。

 本当ならば、国家の基本法なのだから、毎回の国会で、予算委員会と同様の重要委員会として、徹底的に審議を行うべきなのが憲法委員会。それをやらせずにいて、仕方なく解釈改憲をやろうとすればこう言う騒ぎをする。無視して良い連中だね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「解釈改憲」には反対だが クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる