クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 成功か?失敗か?小保方会見

<<   作成日時 : 2014/04/10 07:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

       「STAP細胞、200回以上成功」…小保方氏

 STAP(スタップ)細胞の論文問題で、理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの小保方(おぼかた)晴子ユニットリーダー(30)は9日、大阪市内のホテルで記者会見した。

 小保方氏は「STAP細胞は200回以上作製に成功しており、真実です」と訴え、理研に8日、不服申し立てを行った理由を説明した。小保方氏が会見するのは、英科学誌ネイチャーに論文が掲載され、成果発表を行った1月末以来。

 小保方氏は会見の冒頭、「私の不勉強、不注意、未熟さゆえに多くの疑念を生みました」と謝罪した。だが、ネイチャーの論文の核心部分に改ざんと捏造があったとした理研調査委員会の最終報告については、「実験は確実に行われており、悪意をもってこの論文を仕上げたわけではない」と反論した。

 調査委が「実験ノートが3年で2冊しかなく、どんな実験だったかを追跡できなかった」と指摘した点に関しては、小保方氏は「調査委に提出したのは2冊だが、実際にはもっと存在する」と説明した。

 調査委は1日に公表した報告で「STAP細胞をマウスの血液細胞から作製したことを示す遺伝子データの画像は、2枚の画像を切り貼りしたもので、改ざんにあたる」と認定した。一方、小保方氏側は不服申し立てで画像の加工は認めたものの、「切り貼りしてもしなくても、データから得られる結論が変わらない」と改ざんを否定した。

 様々な細胞に変化するSTAP細胞の多能性を証明する画像に関しても、「実験条件の全く異なる小保方氏の博士論文と酷似し、捏造だ」とする調査委の判断に対し、小保方氏側は「正しい実験画像が存在し、画像をとり違えただけだ」と主張している。

読売新聞 2014年4月9日(水)

 昨日の会見、あれは有る程度成功したのは間違い無い。1月の会見時に比べ頬がこけ、やせた印象でありながら、きちんと髪も立てロールで決めて、化粧もして、それでいて涙を浮かべながら、一所懸命謝罪し、世間のいじめと戦う女の子におぢさんたちは弱いからね(笑)

 ただ、もっとも大切なSTAPが確実に存在するのだ、と言う確実な証拠は最後まで示される事がなかったのは痛かったね。

 プロジェクターが用意されていたから、捏造が指摘された写真の正しいものを提示したり、本当にSTAP細胞が実在する事を証明する新たな証拠が提示されると思ったが、残念だった。

 それにしても、200回以上作った、と言うのは言い過ぎじゃないのか?有る科学者によると、200回も作るためには少なくとも数年かかるらしいが、本当にそんなに作ったのか?どこまでを持ってして彼女が作ったと言っているかによるが、言い過ぎたようなね。

 あとは、彼女以外に作った者がいた、と明言した以上、公の場では公表できなくても、理研には伝え、その真実を明らかにするべきだろう。

 ただ、一つ言えるのは論文の書き方などは科学者には大事だろうが、一般人にとっては、STAP細胞が実際にあるのか?言われるような万能細胞で容易に作れるのか?が大事なのだからね。

 200回以上作ったと言うから、また作って、今度は理研や共同執筆者にも確認を得ながら作って、問題だとされた論文を全面的に書き換え、患者たちに希望の光を当てて欲しい、と思うぞぃ。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
小保方晴子さんが、一万回成功しても、それではマジシャンの世界でしかありません。他の誰かが何回か成功しない限りは、評価されない世界だということを、涙の彼女には理解できていないようですね。そして、追求すべきは、ハーバード大学バカンディ教授と野島医師のことです。全ての始まりは、ソコに小保方氏が留学したところからなのですし、この件でも、すでに猿で実証実験をしている、ヒトのSTAPを作ったと発表しているのですから・・・小保方ユニット以外で唯一、しかも猿とヒトで、です。STAPの存在は、ココこそを追求すべきです。
箕輪伝蔵
2014/04/10 22:25
箕輪伝蔵さん、おはようございます。
とにかくSTAPが有るのか無いのか?
彼女が今一度、きちんとした形で造って見せ、第三者が同じように作って見せる、それでおしまいです。

作れなければ彼女の研究者としての人生は終わるし、バカンディ教授らは、適当にごまかして生き残るし、理研も変わらない。

期待する人が多い細胞ですから、あってほしいものです。
クルトンパパ
2014/04/11 06:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
成功か?失敗か?小保方会見 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる