クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS みっともない中国

<<   作成日時 : 2014/04/16 11:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

   中国、国際観艦式を中止…日本外し批判を考慮?

 【北京=竹内誠一郎】中国海軍の梁陽報道官は15日、山東省青島で4月下旬に計画していた海軍主催の国際観艦式について、行方不明になっているマレーシア航空機の捜索活動に多くの海軍兵力を投入している点などを理由に、中止すると発表した。

 観艦式を巡っては、中国側が日本の海上自衛隊の艦艇を招待せず、それに反発した米国も、艦艇の派遣を見送っていた。

 観艦式は20か国以上の海軍トップが出席する「西太平洋海軍シンポジウム」に合わせたもので、日本もシンポジウムのメンバーだ。梁報道官は、シンポジウムと中国海軍設立記念日に合わせた多国間の海上合同演習は実施するとしている。観艦式中止は、中国側が「日本外し」に対する各国の批判を考慮した可能性がある。

読売新聞 2014年4月15日(火)

 中国側が「日本外し」に対する各国の批判を考慮した可能性があるなどではない。それしかない。

 おそらく、中国も韓国などと付き合っているから、頭がお花畑になってしまい、そう言う国際常識から逸脱してしまっている事に気がつかなかったのだろう。

 が、アメリカが参加を中止すると言う予想外の行動に慌てたから、こうやって、いまさら日本を招待する事もかなわないと言うことで、マレーシア航空機捜索に多くの艦船を裂いているからと言う理由をつけて中止したのだろう。

 実際には、観艦式をできないほどの艦船を派遣などしていないのだから、ほかに理由は無い。

 アメリカ政府は今、ぶれまくりで信用できない。国務省もヒラリーがいなくなってからは、明らかに中国よりの姿勢を見せているし、オバマも同様。だから、こうやって日本を貶めるような事をしてもアメリカは反応しないと思っていたら、国防総省制服組は別であり、日本との同盟関係に隙間風など吹いていないと言う事実に驚いたのだろうな。

 日本は必要以上に騒ぐことなく、冷静に対処したからこう言う事になったと言うことだろう。相手がガキっぽいことをやったとしても、大人の対応をすること、これが大事なのかもしれないね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
みっともない中国 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる