クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 野党が負けた

<<   作成日時 : 2014/04/28 07:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

衆院鹿児島2区補選:自民勝利 野党共闘の候補ら破る

 消費税率の引き上げ後、初めての国政選挙となった衆院鹿児島2区補選は27日投開票され、自民党新人の金子万寿夫氏(67)=公明党推薦=が初当選を果たした。無所属前職の打越明司氏(56)=民主党、日本維新の会、結いの党、生活の党推薦=ら5候補は敗れた。選挙戦は与野党対決の構図となり、「安倍政権の信任選挙」と位置付けた与党は総力戦を展開。野党4党の統一候補をかわした。【内田久光、津島史人】

 国政選挙は昨年7月の参院選以来、約9カ月ぶり。医療法人「徳洲会」グループの公職選挙法違反事件に絡み、徳田毅前衆院議員(自民党を離党)が辞職したことに伴い、15日に告示された。

 安倍政権は「保守王国」とされる鹿児島での補選を「政権の経済、安全保障政策の信が問われる選挙だ」(菅義偉官房長官)と強調。補選での勝利を「政権に信任を得た」と位置付けることで、首相が目指す集団的自衛権の行使容認に向けた取り組みや環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉、原発再稼働に向けた作業に弾みをつけたい思惑があったためだ。

 首相が告示後、現職の首相としては初めて奄美大島に入ったほか、自民党の石破茂幹事長ら与党幹部が相次いで選挙区を訪れた。自民党が擁立した金子氏は奄美大島出身で、徳田氏の実質的な後継。金子氏は県議会議長を8年務めた経歴とともに、安倍政権の経済政策「アベノミクス」による景気回復を訴えた。

 これに対し、民主党など野党4党は「1強多弱に風穴を開ける」として、衆院鹿児島2区で4度目の立候補となった打越氏をそろって支えた。打越氏は補選の発端となった「政治とカネ」の問題に争点を絞り、「金権政治を断ち切ろう」とアピール。民主の海江田万里代表ら党首クラスが次々に駆け付け、「都会と地方との格差が広がっている」とアベノミクス批判も展開した。ただ、TPPや消費増税、原発などで各党の政策が食い違うこともあり、論戦は勢いを欠いた。 一方、山本太郎参院議員が擁立した諸派新人の有川美子氏(42)と共産党新人の三島照氏(72)は、原子力規制委員会が優先して審査することを決めた九州電力川内(せんだい)原発(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働反対を唱えたが、川内原発が選挙区外に立地していることもあり、訴えは広がらなかった。

 投票率は45.99%。前回2012年衆院選の60.55%を大きく下回った。当日有権者数は27万8187人だった。

毎日新聞 2014年4月27日(日)

 この選挙は伝えられているとおりに、自民党が勝ったのではなく、民主以下の野党が負けた選挙であるのは間違い無い。

 もともと、前議員徳田氏の選挙違反と兼ねにまつわる問題での辞任からの選挙なのだから、議席奪還しても不思議ではないのに、前回選挙よりは得票差が縮まったとは言え、有効得票数の過半数を金子氏が取ったと言うのは間違いなく、増税批判、原発再稼動批判、政治と金の問題を追及できなかったと言うより、まとまった意見をもてなかった馬鹿な野党が自民を勝たせたのがこの選挙結果と言うこと。

 それにしても、この選挙結果を伝えた西日本新聞、相変わらずの論調でね。「自民に全てを任せた訳ではない」「嫌だったがほかに選べる候補がいなかった」など、自民党の勝利は決して選挙民の積極的選択じゃない、みんないやいや投票したんだ、と言わんばかりの書き方。
 これに加え、「自民1強体制は良くないから、自民党支持だが野党に入れた」などと言うどうでも良い事は載せながら、自民党の政策を支持し、堂々と投票したと言う人のコメントは1行も乗せない偏向ぶりだからね。

 本当は新聞、変えたいんだが、仕事上地元の情報が大事だし、なにより、早朝4時前に届けてくれるのがココしかないから仕方ないんだよね。

 とは言え、自民が支持された、と言う訳でもないだろう。ほかに支持できる政党が無い、と言うのは紛れも無い事実だし、この結果に浮かれ、驕り高ぶるようなことがあれば、次は手痛いしっぺ返しが!と言いたい所だが、取って代わりうる政党が無いのが現状。

 酷かった民主党政権時代には、徐々に変わっている印象を与えた自民党と言う代わりがあって、なんとか期待が持てたが、今の野党のまま、自民党が腐ってしまえば、もう、先がまったく見えなくなる。

 確かに期待できる、本物の野党が必要だぞ。


 一方で沖縄市長選挙もあって、自民党候補が圧勝したが、小さくしか伝えられない。那覇に続く沖縄第2の都市の市長選挙はどうやら、基地問題とは無関係らしく、自民が勝っても関係無いと言うことのようだ。

 この国のメディアは今日も平常運転中です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 民主党党首が海江田なんて、救いようがないです。
 頼むから、まともな野党、出現してください。

 維新も、安定感で言うと橋下さんも、発言撤回したり、石原さんも党と一体感ないし。
 結局、自民党か。(^_^.)
ひょっとこハム太郎
2014/04/29 14:46
民主がこの選挙を受け「安倍内閣が信任を受けたと言う訳ではない」などと投票率の低さを理由に言ってるようですが、お前らがもっとまともな対抗馬をだし、政党として活躍していれば投票率もあがったんだぞと言いたいですよ。

維新は解党に向け進みだしました。単なる数合わせではなく、本当に一つの政党として出来上がれるか?ですね。

第二の民主党はいりませんから。
クルトンパパ
2014/04/30 06:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
野党が負けた クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる