クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 参院、不公平は仕方無い

<<   作成日時 : 2014/04/28 08:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 参院選挙制度改革:島根との合区案 「鳥取の議員消える」

 与野党でつくる参院選挙制度協議会に25日示された座長案で、鳥取選挙区は島根選挙区との合区案が示された。県内の各党や有権者からは「鳥取選出の議員が消える恐れがある」などの反発と、「1票の格差解消のためには仕方がない」などと一定の理解を示す声が交錯した。

 自民党県連の山口享会長は「党内で合意形成がなされていない」と憤った。「鳥取の有権者の声が届かなくなり、地方切り捨てになるおそれがある。地方分権の流れに逆行しかねない」と訴え、党本部に抗議文を送ることも検討するという。舞立昇治参院議員も「安易に受け入れられず、民意をくみ上げる方法をしっかり議論しなければならない。合区は都道府県合併を想起させるもので理念も何もない」と指摘。「人口だけではなく面積や行政区画も考慮する必要がある」とし、反発する議員らと連携して対案を示したいとした。

 民主党県連の伊藤保代表も「短絡的。鳥取県の声が届かない。誰が中山間地域を守るのか」と反発した。

 一方、2016年に改選を迎える浜田和幸参院議員(新党改革)は「一般論」とことわりつつ「地域特性の考慮は必要と思うが、日本全体の代表を選ぶ視点を欠かすことはできない」と述べた。

 共産党県委員会の小村勝洋委員長は「1票の格差が大きすぎ、選挙制度そのものの抜本的な見直しが必要だが、合区案はご都合主義的で有権者の政治不信が高まるのではないか」と指摘。「衆院選比例ブロックを一つの前提としたブロック制にすべきだ」と述べ、自民などとは違う立場で反対した。

 公明党県本部の銀杏泰利代表は「鳥取の影が薄くなる」としながらも、「1票の格差は是正すべきで、中四国を一つのブロックにして5、6人を選出する方が、広く有権者の意見を聞くことができるはずだ」とした。

 ◇「格差是正、仕方ない」も

 有権者の反応もさまざまだった。鳥取市の男性会社員(49)は「合区にはかなり抵抗がある。県ごとに抱える課題は異なるので、各県に1人は民意を国に反映させる議員が必要。島根県出身の候補が選出されれば、鳥取県のことはおざなりになるのでは。都市の意見ばかりが尊重されるようになってしまう」と懸念。境港市の主婦(50)も「それぞれの県で方針が異なるので、お互いに困るのでは。鳥取の声が届かなくなる気がする」と話した。

 一方、倉吉市の主婦(68)は「有権者の1票は公平になった方が良いと思うので仕方がないのでは。ただ、候補者は両県のことを良く知り勉強してもらえる人でないといけないと思う」と話した。米子市の男性会社員(31)も「参議院というくくりで考えると、鳥取県から必ず1人出ないといけないとは思わない」と話した。

 平井伸治知事は「選挙区は国会の土俵作りであり、各党間で議論されるべきもの。戦後一貫して参院議員は都道府県単位に選出されてきた。国民主権の道筋として各県で代表が選ばれる意義は極めて大きく、単なる数合わせではいけない。地域の声を聞き、慎重に検討してほしい」とのコメントを発表した。

毎日新聞 2014年4月26日(土)

 鳥取と島根ならまだ良いでしょ。佐賀は福岡と合区で、ほぼ確実に佐賀県選出の議員がいなくなる。
 長崎と合区したら1議席になるから、福岡と合区で3議席のほうがまだましだ、と言う論法らしいが、どっちと汲んでも佐賀は議席がなくなる可能性が高い。

 個人的には参議院で公平な議席など望んではだめと言うような気がする。アメリカの上院は50州とワシントン特別区がそれぞれ1人でしょ?どう見ても1票の格差は大きい。

 衆議院と違う、と言うのだから、格差は仕方無い。どうしても格差を無くしたい、さらに、各都道府県最低裏表それぞれ1人は欲しい!と言うのならば、国会議員歳費や文書費、交通費などの総額を3割位削減して、議員定数を増やすしかない。

 それも嫌なら、現行の議員定数のままで、都道府県に割り当てた分をある程度見直し、全国を12、3のブロックに分け、そのブロック選出の比例議員で調整するしかないようなね。

 中国や九州のブロック選出議員は減らし、関東は南北に加え、東京をブロックとし、それぞれそれなりの比例配分するとかね。

 本当は、衆議院も参議院も、とにかく議員にかかる経費全体を4割位削減し、議員定数を2割くらい増やしたほうが、地方の声も届き、議員だけがぼろもうけ批判もなくなって良いと思うけどねえ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
参院、不公平は仕方無い クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる