クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 真田丸ねえ

<<   作成日時 : 2014/05/12 14:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

  16年大河の主人公は真田幸村「真田丸」脚本は三谷幸喜氏

 NHKは12日、2016年の大河ドラマは戦国時代の英雄的武将・真田幸村を主人公とした「真田丸」を制作すると発表した。脚本は人気劇作家の三谷幸喜氏(52)が手掛ける。

 大河ドラマ第55作。2016年1月に放送スタート、全50回。

 「大坂の陣」――劣勢明らかに追い込まれた大坂城。そこに駆け付け、抜群のリーダーシップを発揮。胸のすくような活躍をした真田幸村。戦国時代のスーパースターの波乱万丈の生涯を、三谷氏が勇気と愛に満ちたオリジナルストーリーとして描く。

 タイトルの「真田丸」は幸村が大坂の陣で築いた砦の名前。徳川家康軍を相手に果敢に戦った。また、戦国の荒波に立ち向かう真田家を一艘(そう)の船に例えた。

 三谷氏の大河ドラマ脚本は2004年にSMAPの香取慎吾(37)が主演した「新選組!」以来2度目。

 主演俳優も選定中。候補とされているのは三谷作品と縁が深い俳優陣。三谷氏がメガホンを執った昨年の映画「清須会議」に主演した役所広司(58)や、同作に出演した佐藤浩市(53)らベテラン勢の名前が挙がっている。

 最近は20代の若手俳優の主演が続いているが、NHK関係者は「往年の大河ファンからは、演技力をしっかり身に付けた俳優による骨太な作品を望む声も強い」と話している。役所や佐藤のほか“三谷組”の俳優、女優は人気者ばかり。豪華俳優陣による戦国絵巻が展開されそうだ。

スポニチアネックス 2014年5月12日(月)

 これはどこから話を始めるか?が大事だろうなあ。
 まさか幸村が生まれた頃からとかだったら、とてもじゃないが最後をはしょって行かないとならなくなる。

 関が原で破れ、九度山に配流され昌幸が死ぬあたりからくらいでちょうど良い。
 その後、大阪から誘いがかかり、九度山を抜け出し、大阪城に入り、兵を訓練し、真田丸を作って、冬の陣のあと、家康からの誘いを断り、丸裸になった大阪城から討ち出す!と言うことだけで十分に1年持つ。
 
 どうせ大河ドラマなど単なるでたらめ歴史ドラマでしかないのだから、三谷作品らしく真田十勇士も登場するエンターテインメント作品にしてしまえと思ったりして。

 大河ドラマ、あまりにもでたらめが過ぎる上に、どうしても後半と言うか終盤が時間不足でバタバタになるんでまったく見なくなってしまったが、真田幸村なら見ても良い!となるとも思えんけどね。妙なところに拘る三谷幸喜だから、信繁で通したりするんだろうなあ。今度は新撰組と違い、写真が無いから似ている役者に拘ったりしないで、また、人気とかではなく、本物の役者によるドラマを作るようにして欲しい。

 正直な話、「坂之上の雲」のようなきっちりした作品で、近代を描いて欲しいと思うのだけどね、大河ドラマ。本気で映像化すれば、第2次大戦、1年じゃとても描けないくらい、一杯日本の国を描けると思うのだがね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
真田丸ねえ クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる