クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 集団的自衛権、容認へ

<<   作成日時 : 2014/05/19 12:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

毎日新聞世論調査:集団的自衛権 憲法解釈変更、反対56% 「行使」54%反対

 毎日新聞は17、18両日に全国世論調査を実施した。15日に安倍晋三首相が集団的自衛権の行使容認に向けた検討を指示したことを受け、集団的自衛権行使の賛否を聞いたところ、「反対」と答えた人が54%で「賛成」の39%を上回った。首相が、集団的自衛権の行使を容認するため、憲法改正ではなく憲法解釈の変更で対応しようとしていることについても、反対が56%で賛成は37%だった。

 首相は今夏にも集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈変更を閣議決定したい考えだ。公明党は慎重姿勢を崩しておらず、行使容認と解釈変更への反対がいずれも過半数となったことは与党協議にも影響しそうだ。

 内閣支持層では、集団的自衛権の行使に賛成が62%、反対は31%で、賛成が反対を上回った。一方、不支持層では行使に賛成は10%にとどまり、反対は87%に上った。憲法解釈の変更を巡っても、内閣支持層では賛成が60%、反対が36%だったのに対し、不支持層は賛成は8%で、反対が89%だった。

 支持政党別でみると、自民党支持層の約6割が行使に賛成と答えたのに対し、公明党支持層は5割弱が反対だった。

 日本が集団的自衛権を行使した場合、他国の戦争に巻き込まれる恐れがあると思うかについては、「思う」と答えた人が71%となり、「思わない」と答えた人の25%を大きく上回った。巻き込まれる恐れがあると「思う」と答えた人のうち64%が行使に反対だったのに対し、恐れがあると「思わない」と答えた人のうち反対は29%にとどまった。

 首相が集団的自衛権の行使容認を目指すのは中国の軍事力増強や北朝鮮の核開発を踏まえ、日米同盟を強化する意味がある。中国が日本の安全を脅かしていると思うかを聞いたところ、83%の人が「思う」と答えた。

 集団的自衛権の行使を巡っては、武力行使の範囲が拡大し、歯止めが利かなくなる懸念が指摘されている。前回4月の調査で行使について「全面的に認めるべきだ」「限定的に認めるべきだ」「認めるべきではない」の三つの選択肢で聞いたところ、「限定的」を含めると「認めるべきだ」が半数を超えた。「限定的」を含めず、二つの選択肢で聞いた今回の調査で反対が過半数になったのは、限定が効かなくなることへの懸念が反対に反映されたためとみられる。

 内閣支持率は49%で前回調査と変わらなかった。不支持も前回と同じ33%だった。

毎日新聞 2014年5月19日(月)

 これはね、毎日は54%で、共同も似たようなもの。ただし、読売の調査は51%と言うことで、大体変わらない。これだけ見れば、日本人の過半数が反対しているように見えるが 圧倒的な否定報道一辺倒の中と言うことを考えれば、かなり健闘しているような(笑)

 これ、今から10年位前でももっと、反対派が多かっただろうね。ネットが普及した事で、ずいぶん、真実に触れられる人が増えたからこの数字かもしれない。

 正直、これは聞き方次第の部分もあるし、中身を正しく伝えない報道を受けての結果だろう。集団的自衛権を容認すれば、地球の裏側のアメリカの戦争に日本も行かなければならなくなる、などと言うことは全く無い事はわかりきっているはず。もしそれが事実ならば、日本以上の強固な同盟関係にあるイギリス軍は全てのアメリカの戦争に参加しなければならないし、日本以上にアメリカ軍に依存している韓国もそうであるはずなのだが、実際にはどの戦いに参加するかはそれぞれが判断する話。

 何より、集団的自衛権は日本を守ろうとする国が攻撃を受け、日本がその防衛に役立てるのなら日本が迎撃すべきだと言う話であり、さらに、PKOなどに参加した自衛隊がもし、どこからか攻撃されれば、近くの軍隊が駆けつけてくれる。が、今日本は集団的自衛権を認めていないと言う事は、十分、撃退能力も余力もあったとしても自衛隊は守っては貰っても、お返しはできないと言うこと。そう言う国に対し、次の攻撃が向けられて、どこかが駆けつけてくれるのか?だ。

 最前線に出る自衛隊員などに、自分だけで守れ!と言うのか?それも、必要最低限の武器しか認めようとしていないのにだ!

 徴兵制度は論外。枝野あたりがまだそう言うたわ言を言うが、「世界の警察」を自認しているアメリカも徴兵制度は敷いてないし、日本が一度でも世界の警察になると言ったのか?だね。

 一度、徴兵制殿現状を枝野もネットなどで調べたらよろしい。もし、わかっていて、不安を煽るために言っている(その可能性が高いが)のなら、ろくでなしである。

 集団的自衛権の話は、無制限に拡大しないためにどこに歯止めを設けるべきか?こそ、真剣に考えるべき話。

 それ以前に、解釈改憲ではなく、きちんと憲法を改めるべきなのだが、今、解釈改憲に反対している勢力と言うのは、そのまま、憲法改正絶対反対であるから、ためにする議論になってしまっている。

 本当にこの国のためにどうすべきか?この国の明日をどう作っていくのか?を真剣に議論すべきだね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
パパさん、こんにちは。
今日のテレ東の田勢氏の番組に北岡氏が出演されていましたが『集団的自衛権がどうのこうのと騒いでいますが、国連憲章には集団的自衛権はどんな国にも認められていると書かれているんですよ・・・』とクソマスコミのどうでもいいような質問にも的確に答えておられました。
 今日の一言のコーナーでは『バッターボックスに立て』とい言葉を書かれました。
 つまり、自分が総理になったらどうするのか? 自分は外野の批判するだけの人間ではいけない。それを常に考えよということです。
 東大生へのインタビューでは『戦争に巻き込まれる』『防衛費が上がる』などという、米国の兵士のご家族が聞いたら激怒するようなコメントがありました。
 ボンクラ学生・・・と汚い言葉を発したくなるような場面でしたが、自分は学生時代どうだったのか?と考えれば、批判もできません。
 
 しかし、教育というものは重要ですね。
 
 
ひょっとこハム太郎
2014/05/24 12:31
ハム太郎さん、おはようございます。
集団的自衛権に関する「自虐的否定論」にはうんざりです。永世中立を宣言しているスイス以外はみんな認め、容認している権利を日本が持てば戦争にまっしぐら。

馬鹿か?ですよ。
クルトンパパ
2014/05/26 06:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
集団的自衛権、容認へ クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる