クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 朴槿恵、迷走

<<   作成日時 : 2014/05/20 06:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

韓国旅客船沈没 朴大統領「救助は失敗した」海洋警察解体を表明、国民に謝罪談話

 【ソウル=加藤達也】韓国の朴槿恵(パククネ)大統領は19日、旅客船「セウォル号」の沈没事故で、国民向け談話を発表した。朴氏は、「国民の生命と安全に責任を負うべき大統領として、国民が体験した苦痛に、心より謝罪する」と陳謝し、「事故に適切に対処できていないことの最終的な責任は大統領である私にある」として、自身の責任を強調した。

 さらに朴氏は、救助活動に批判が出ている海洋警察について、「(救助活動は)事実上失敗した」とし、組織の解体を宣言。海の災害救助機能は、新設の「国家安全庁」に統合させることを明らかにした。

 事故をめぐる原因と背景に関し、与野党と民間による調査委員会を構成して真相を糾明できるよう、特別法の制定も提案した。

 セウォル号の運航会社をめぐっては「国民は官僚と(同社の)癒着があったと疑っている」と指摘。「社会全般の腐敗を清算していく」として官民癒着体質の一掃に言及した。

 国民向け談話は朴政権への中間評価とされる6月4日投開票の統一地方選を前に、改めて謝罪して再発防止策を示すことで、事故対応をめぐる政権への批判を弱め、局面転換を図るものだ。今回の謝罪と対応策が国民から肯定的評価を得られなければ、統一地方選だけでなく今後の政権運営にも大きな影響が出る可能性があり、朴氏は厳しい状況に追い込まれている。

産経新聞 2014年5月19日(月)

 救助対策を朴槿恵が間違った、と言う事ではない。彼女が現在の海洋警察を作った訳でもなければ、一人の大統領が全てに対処できるはずも無い。

 が、謝罪が遅れたことにくわえ、いまだ救助作戦が実行中の真っ只中で、海洋警察の解体を発表するのはいかにも間違いだと指摘されてしかたあるまい。

 今回の迷走が原因なのか、どうやら地方選挙でかなり、与党は追い込まれているらしい。が、救いは野党も信頼を得てはいないから惨敗とまでは行かない様相だと言うこと。もちろん、国民にとっては政治が信頼できない、と言うのは不幸だから喜べない話だろうが。

 考えて見みれば、経済を良くした訳でもなく、日本に対する告げ口外交以外、これと言う事をやらないにもかかわらず支持率が上がっていた朴槿恵の化けの皮がはがれた、と言うだけの話かもしれないね。

 某民主党政権と似たような経緯だから、これからどんどん沈んで行くのだろうが、任期中の大統領をやめさせるのは容易じゃないから、韓国、朴槿恵と一緒に沈んで行くだねえ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 海洋警察解体で新たな組織ですか?
 日本に海保のノウハウを教えてくれと、言いに来るのでしょうか。
 頼むから、こっちに来ないで欲しい。
 さらに言うなら、朴さんはやめないで〜。
 このままの日韓関係を続けて欲しい。
 
お願いします。(-_-)
ひょっとこハム太郎
2014/05/21 21:23
ハム太郎さん、おはようございます。
もともと、海洋警察は海難救助ではなく、中国漁船の違法操業取締りが最大の目的で、あまり海難救助には長けていなかったようですからね。

日本の海保や海自、米海軍に助けを求めていれば、相当な数の犠牲者が助かったはずなんですが、詰まらない見栄、意地が多くの若者の命を奪ったことを朴槿恵がどこまで自覚しているか?ですね。

どんどん実態が明らかになって、朴槿恵は辞任に追い込まれるのではないか?と言われていますね。次こそまともな大統領をと思いますが、無理でしょうねえ。
クルトンパパ
2014/05/22 06:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
朴槿恵、迷走 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる