クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS それでもめぐみさんは帰って来ない

<<   作成日時 : 2014/05/30 07:50   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

北朝鮮、拉致の全面的な再調査を約束 制裁を一部解除へ

【AFP=時事】安倍晋三(Shinzo Abe)首相は29日、北朝鮮が全ての日本人拉致被害者について全面的な再調査を実施することに合意したと発表した。日朝間の長年の懸案事項だった拉致問題が大きく進展する可能性がでてきた。

 安倍首相は、先に行われた日朝協議で北朝鮮側が日本側に対し、日本人の拉致被害者および拉致された可能性が排除できない行方不明者全ての包括的かつ全面的な調査を実施することを約束したと語った。

 これを受けて、拉致被害者調査のための特別委員会を設置するという。

 また菅義偉(Yoshihide Suga)官房長官は記者会見で、北朝鮮による調査が開始されれば、人的往来の規制や送金報告、人道目的の北朝鮮籍船舶の日本への入港禁止措置など、日本が独自に行っている北朝鮮に対する制裁措置の一部を解除する方針を示した。

AFP=時事 2014年5月29日(木)

 北朝鮮がこのタイミングで、全ての日本人に対し、包括的全面的調査を実行する、と表明したのは、一つにはこれまでの北京と違い、中国の直接的圧力を避けられるオスロだったと言うのがあるだろうな。

 中国と太いパイプを持っていたと言われる伯父の張成沢を粛清したこともあり、この所、中国も金日成、金正日に比べ、奔放な活動で制御できにくくなっている金正恩体制もあり、かなり厳しい制裁を加える中国一辺倒からの脱却をしなければならない今の北朝鮮は、あらたな経済支援国として日本を選択肢に加えてきた、と言うことだろうなあ。

 これでなんとか、国連の制裁はともかく、日本政府独自の制裁を解除してもらい、さらに今回政府が言及したように人道的支援の復活などが目的だろう。総連会館問題は、政府が司法判断に口を挟む訳には行かないが、裏から手を回し、現在の会館とは別の施設を紹介するくらいはやるかもしれない。

 とにかく、全ての拉致被害者家族が被害者をその手に抱きしめるまで拉致問題は解決しない、そして、安倍政権下で解決するという安倍総理の強い決意が、このタイミングで結実し、一人でも多くの拉致被害者が帰国できる事を祈りたいものだ。

 包括的全面的調査と言うから、17人の認定被害者のみならず、疑いがあると言う600人以上の特定失踪者や、日本人妻、さらにはよど号事件関係者なども含め、かなりの帰国者が出る可能性があるだろう。それと同時に、死亡者についてもある程度の証拠とともに明らかにされる可能性が高い。

 そんな中で、拉致問題の象徴でもある横田めぐみさんは帰ってこないだろうなあ。遺骨が偽物だった事や、彼女の死亡時期がでたらめだった事などから、恐らくまだ生きていらっしゃるとは思う。が、もし、彼女を帰国させられるのならば、前回の小泉訪朝時に、帰国させていたはず。彼女を返すか帰さないかの影響の大きさは、当然、北朝鮮もわかっていたはずだし、もし、彼女が前回帰国していたら、もっと北朝鮮に対する日本国民の反応は違ったものになっていたはずだろう。

 それでも彼女が帰されなかったと言う事は、どうしても彼女を帰せない理由があるんだろうなあ。同じように、田口八重子さんも大韓航空機爆破事件の金賢姫の教育係をしていたと言うから、事件との関わりを北朝鮮が否定する限り、帰国させないだろう。

 今回何人が帰ってくるか?はわからない。が、全員が帰国する全面解決は金王朝が崩壊する事以外に無いだろうな。

 それでもとにかく、一人でも多く被害者が帰ってきて、待ちわびた家族に対し、笑顔を届けて欲しい物だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
パパさん、おはようございます。
シナが便利に使ってきた暴れん坊北朝鮮カードが崩壊したようですね。
 北が本気なのかはわかりませんが、シナにとってみては痛いことだと思いますし。北からしたら、これから本気に経済発展しようとするならば、ハードもソフトも整備されている日本の方が近道ですからね。
 日本にとっても韓国が半日を貫くなら、横目に北朝鮮に経済援助をチョロチョロ流してあげれば、韓国にはいいカードになりそうですし。
 なんといっても拉致被害者の方々が全員帰国できるようになってほしいものです。
 そのためには『コートを着ている人間(北)に対して北風を吹かせるよりは、暖かい南風を吹かせて、その凝り固まった緊張感を解かしてあげる』のも、いい作戦だと思うのです。
 相手を完膚なまでに責める、相手に痛みを要求するのみでは、相手もメンツが立たないですし。
 そのあたり、安倍総理、上手くやってくれると思いますので、期待しています。
 
 しかし、韓国が自国民の拉致被害者に言及せず、日本が拉致被害者の奪還に取り組んでいる姿勢が余計に浮き上がって、もう韓国政府はボロボロですね。
 自国民の安全・安心より国家の体裁優先のようです。
 
 
ひょっとこハム太郎
2014/05/31 07:03
ハム太郎さん、おはようございます。
北の思惑と言うのは、正直、誰も理解できない状況ですが、とにかく今、中国のコントロールが効かないと言うのは間違い無い。中国の焦りと韓国の恐れ、それがある今、上手に「飴と鞭」を使い、北朝鮮カードは有効でしょうね。

安倍総理の強い思いが利用されることなく、うまく使って特亜対策に活かして欲しいものです。もちろん、拉致被害者の無事な帰国が最優先ですけどね。
クルトンパパ
2014/06/02 06:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
それでもめぐみさんは帰って来ない クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる