クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 公明陥落

<<   作成日時 : 2014/06/12 13:12   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

集団的自衛権、閣議決定先送りも 会期内合意へ自公党首会談浮上

 政府・自民党は11日、集団的自衛権の行使容認に向けた憲法解釈変更について、今国会会期末の22日までの与党合意を目指す方向で調整に入った。安倍晋三首相と公明党の山口那津男代表の党首会談を開き、最終的に決着を図る案も浮上している。これに伴い、閣議決定は短期間先送りされそうだ。

 自民党の高村正彦副総裁は11日、公明党の北側一雄副代表と都内で会談し、20日までに閣議決定するために「政府が13日の与党協議で閣議決定原案を提示することが必要だ」と語った。北側氏は「党内で議論が進んでいない。13日の提示は無理だ」と拒否した。

 これを受け、自民党幹部は13日の閣議決定原案の提示について「可能性はほとんどなくなった。来週の提示になったら党内手続きが間に合わず、来週中の閣議決定も限りなく難しい」と述べた。政府高官は「(閣議決定の)デッドラインを今国会中に決めることに、そんなに意味があるとは思えない。会期末から少し出てもよい」と語った。

 首相は「集団的自衛権」の文言を盛り込んだ閣議決定を今国会中に行うため、与党合意を急ぐよう高村氏に指示している。だが、公明党に配慮して閣議決定のタイミングを閉会後に短期間先送りするのと同時に、首相の顔をたて会期内に与党合意することで、首相に理解を求める方針だ。

 首相は、年末までの日米防衛協力のための指針(ガイドライン)再改定などの日程を見据え、今国会の閣議決定を理想としており、引き続き慎重に状況を見極めることになりそうだ。

産経新聞 2014年6月12日(木)

 公明はこれまでのように、突っ張っていればもう少し総理サイドが譲歩すると思っていたが、総理がまったく引かないので落としどころとして総理が拘っていた今国会中の閣議決定だけを先延ばしにすると言うことで、後は全面譲歩を迫られたと言うことだろう。

 無論それにくわえ、飯島内閣官房参与の公明党と創価学会の関係は政教一致と騒がれてきたが、内閣法制局の発言の積み重ねで政教分離ということになっていると言う発言から、その見直しもありうると言う発言にビビッてしまった、と言う事もあるだろうな。

 実際問題、公明党と自民党は、いまさら簡単に連立分離、と言う訳には行かないくらい、この10年にも及ぶ関係から、互いの選挙人名簿を交換している関係でもあり、選挙となって、もし互いに応援しないと自民の小選挙区候補もかなり厳しい戦いになるし、一方、公明の比例候補も激減するから、もう、実際離れられない。

 早い話、いまの公明は「自由民主党・公明派」程度の存在でしかない。

 この問題で抵抗を続けていても、総理が引かなければ早い決着にならない。秋以後に縺れ込んだりしてしまうと、その問題が来春の統一地方選挙の争点などになってしまえば、婦人部がごちゃごちゃ言い兼ねないから、最初から早い決着を目指すしかないのだけどね。

 これでほぼ間違いなく、自民党の思惑通りの方向で集団的自衛権の解釈変更は進むと言うことだな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
パパさん、こんばんは。
いやぁ、一度、政権与党のうまみを知ったら、なかなかその座から降りれないのでしょうか。
 『早く、集団的自衛権に答えを出せよ、公明党さん』と思っていた矢先、イラク情勢がさらにヤバくなってきたとニュースで。
 基本的には、私、総理の政策に賛成ですし『巻き込まれる』なんて表現は嫌いなんです。
 でも、少し心配なのが、英米、欧州が賛成した場合の中東への武力行使。直接的な武力行使はなかなか想定できないのですが、アホ米国とアホ欧州の圧力があった場合、今の日本に『ノーと言える選択支』があるのか?という心配があります。
 心情的には、アフリカに直線的な国境を引き、言葉や文化を破壊し、中東に介入したため今の混乱があるとすれば、米国や欧州に反抗するイスラム勢力には拍手喝采なんですよ。
 『油の為に、自衛隊員を危険に晒すのか』なんていう民主党の党首の話はどうでもいいのですが。
 日本が『ノー』と言った場合の、その後の経済的、政治的打撃は国民一人ひとりが覚悟しなければならないということも想定しておかなければならないという気持ちが湧いてきましたね。
ひょっとこハム太郎
2014/06/15 20:40
ハム太郎さん、おはようございます。
連立離脱などとんでもない上に、飯島さんに「政教分離を見直す」と言われ、完全にへたっちゃった公明とか、反対政党に成り下がった民主は堂でも良いのですが。

イラクですが、せいぜい、アメリカにしても無人機による爆撃とか、空爆までが限界で、なかなか地上軍派遣までは行かないと思います。

アメリカも事情を大体わかってますから、いきなり厳しい実戦に!とはならず、無難なところから日本の集団的自衛権行使は始まると思います。

とにかく、日本とスイス以外どこでも行使している普遍の権利。それを行使したからと言って、明日から戦争などありえない、と言うことをまずきちんとメディアが報道すべきだとおもってます。
クルトンパパ
2014/06/16 06:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
公明陥落 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる