クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ヤジ問題、終幕

<<   作成日時 : 2014/06/26 07:25   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

都議会、セクハラやじにうやむや決着 信頼回復決議も「産めないのか」発言特定決議案は否決

 東京都議会は25日、6月議会の最終本会議を開いた。セクハラやじを浴びた塩村文夏都議(35)が所属するみんなの党会派と民主党は、やじの一部発言を認めた鈴木章浩都議(51)=自民会派離脱=以外の“やじ議員”特定を求める決議案を提出したが、最大会派の自民党などが否決した。問題はうやむや決着で事実上の幕引きとなった。

 一方で自民、公明、民主、結いと維新、みんなの党の5会派は、議会の信頼回復を求める決議案を共同提出し、これは賛成多数で可決された。共産党は、鈴木氏に議員辞職を求めたが、否決された。

 20日に塩村氏は発言者の特定と処分を求める要求書を吉野利明議長に提出を試みたが、議長は「発言者が特定されていない」として受理せず。塩村氏は「産めないのか」などのやじもあったとしているが、自民は聞き取り調査で、「早く結婚した方がいいんじゃないか」という発言だけを認めた鈴木都議以外の発言者は確認されなかったと結論付けている。

 閉会後、塩村氏は「すべてが解決したわけではないが、ひとつの区切り。私は私ができることをやっていきたい」と、あらためて真相究明を求める考えを示した。議場最前列の1人会派「都議会再生」の席に着いた鈴木氏は、閉会後、報道陣の問いかけに応えず、足早に立ち去った。

スポーツ報知 2014年6月26日(木)

 なんだかなあだなあ。この問題だが、ここまで大きくなってしまった以上、きちんと発言者を特定し、罰を料すとか謝罪させなければ、首都東京の女性差別として世界に発信された問題の幕引きとしては、あまりにみっともない事になる。

 こう言う形での幕引きとなったのは、自民党としてはこれ以上、問題が大きくなることを避けたかったのだろうし、それに各会派が乗っかったのは、ヤジが自民党からだけじゃなかったからと言う可能性があるような。

 さらに、外国人特派員協会まで行って訴えた塩村議員があっさり、幕引きに同意したのは過去の決して誇れない発言などがネットでアップされ、さらに、彼女を週刊誌が追いかけ始めた事に焦りを覚えたのかもしれない。

 なんにしても、なんとも情け無い幕切れ。世界が知っているだけに特に恥ずかしい。
 こう言う事なら、あのヤジ直後に発言者が名乗り出て、きちんと謝罪し、こう言う事を無くす動議を可決していれば、と思うぜよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヤジ問題、終幕 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる