クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 何とかしないと

<<   作成日時 : 2014/06/26 10:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

日本の教員働き過ぎ? =授業外で多忙、勤務時間最長―自信のなさも・OECD調査

 経済協力開発機構(OECD)は25日、加盟34カ国・地域の学校環境や教員労働に関する調査結果を公表した。日本が調査に参加したのは初めて。教員の勤務時間は週約54時間と参加国中最長で、特に部活などの指導や事務作業など授業以外の仕事に追われていることが分かった。文部科学省は事務の効率化や学校に対する調査依頼の縮減などで負担軽減を図りたいとしている。

 調査は中等教育の教員が対象で、日本は中学校約200校の校長と教員約3500人が回答した。

 調査結果では、勤務時間は加盟国平均の週38.3時間に対し、日本は53.9時間。授業とその準備などに費やす時間はほぼ変わらないものの、事務作業5.5時間(平均2.9時間)と課外活動指導7.7時間(同2.1時間)で大きな差がついた。校外で行う研修への参加率も低く、8割以上が「仕事のスケジュール」を理由に挙げた。

 校内暴力やいじめなど問題を抱える学校は加盟国の中では少ないが、そのことに対する教員の自己評価が低いことも判明。「学級の秩序を乱す行動を抑える」「生徒に自信を持たせる」などの指導力に関する調査項目で「よくできている」と回答した割合はいずれも平均より30〜70ポイントも少なく、自信のなさが浮き彫りに。校長のリーダーシップに対する自己評価も総じて低かった。
 
時事通信 2014年6月25日(水)

 あのね、教師が働きすぎだと言うのは間違い無い。多分、今の時代、授業を行うとか、一切の体罰を禁止された中で、子供たちを指導するだけでも大変ですよ。

 それにくわえて、膨大な事務作業と、モンスターペアレント対応が大変だよね。

 本当は、そう言う事務作業とか保護者対応などを引き受ける、そう言う専門家が必要なんだよ、各校にね。それが今は、「ゆとり教育」も終了し、さらに授業のコマ数も増えるし、ダンスや武道などもやらなければならないし、クラブも持たなければならない。そう言うものから開放し、本来の仕事である、教育とか集団生活に対する指導に専念させるべきなのだと思うのけどね。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
全く以て笑止千万なニュースですな。

校長や教育委員会の活動なんて学校内での不祥事隠蔽で埋め尽くされてるくせに。
…………
2014/06/29 08:41
…………さん、おはようございます。
一般教員が御用繁多であるのは間違いなく、そこにいわゆるモンペが絡み、問題生徒がいて。

事務からは可能な限り、開放してやりたいものです。それと同時に、いろんな問題もクリアしながらです。
クルトンパパ
2014/06/30 06:39
週に「平均値」より15時間も長いと言うことは、月に60時間も多いわけですよね。これははっきり言ってメチャクチャ。ていうか、平均値を日本が押し上げてるレベル。
どこの国でもまず体罰はなく、モンペはどこでもいるでしょうからこれは教育行政自体がおかしいのではないでしょうか。なんでこんなことになっちゃったんですかね。
偉くはないですが
2014/07/04 23:38
確かに教育行政に問題があるのは間違い無いでしょう。とにかく、書類作りに時間をとられ、本来の教育に掛けられないのはだめですね。
クルトンパパ
2014/07/05 07:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
何とかしないと クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる