クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 朴槿恵、ギリギリ生存

<<   作成日時 : 2014/06/05 11:58   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

  野党、激戦制す=朴槿恵政権に打撃―韓国統一地方選

 【ソウル時事】4日投票の韓国統一地方選は5日も開票作業が続けられた結果、17の主要市、道の首長選で、与党セヌリ党が8カ所、野党の新政治民主連合が9カ所を制し、野党が辛勝した。客船「セウォル号」沈没事故への対応で強い批判を浴びた朴槿恵政権にはさらなる打撃となりそうだ。

 八つの大都市市長と九つの道知事のうち、これまで与党が9、野党が8のポストを占めていた。これを上回るかどうかが与野党それぞれの勝敗ラインだった。

 開票の結果、与党は朴大統領の側近を擁立した仁川市や釜山市で勝利するなど、計8カ所で当選を確実にした。一方、野党は現職の朴元淳市長を擁したソウル市のほか、地盤である光州市など9カ所を制した。

時事通信 2014年6月5日(木)

 つい先日まで国際的に異常と思える反日姿勢が評価され、70%を超える支持率を誇った朴槿恵政権だが、旅客船転覆事故以後、その対応などで一気に評価を落とし、今回の統一地方選挙、野党がもう少しまともならば惨敗を喫するところだったのだが、与党に負けず劣らずのろくでもない野党のおかげで、ほぼ互角の戦いをできたと言うことで、なんとかギリギリ、レイムダック化を逃れられた。

 韓国と言う国の特性なんだろうなあ。大統領が会見で涙を流し、いまだ司法判断も無い中で「殺人と同じだ」と厳しく断罪し、「法の不訴求」の原則も無視した新法を作ると言う異常な行動をとっても、それが評価を落とすどころか、持ち直させたのだから。

 もしこれと同じ行動を日本だけじゃなく、欧米各国でその指導者が取れば、会見での涙は政治家として情緒不安定と取られるし、四方への介入とも言えるような発言は三権分立に違反する行為であり、法の不訴求を無視すると言うのは、独裁国家への道を作ったと言うことで徹底的に批判され、辞職に追い込まれかねない。

 セゥオル号沈没後は、「わが国はまだ三流国家だった」とようやく事実を認めたような韓国だったが、今はそんなことも忘れ、国際常識とはかけ離れた政治体制を認めていると言うことだろう。

 それにしても、この結果を笑ってはいられないのが日本だね。
 もし今、安倍内閣が何かとんでもない失策をしたとして、選挙でほかに投票できる政党があるか?と言うとないのが現状。これは怖い話であり、健全で責任ある野党があって初めて政治はまともになるのだから、今のような状況だと、政府が突っ走ったとしてもどこも制御できない事になる。

 維新の分裂が、ぜひ、より良い野党誕生に向けての本当のスタートとなる事を祈るしかないな。


 韓国は………どうでも良い。いまさら言うまでも無い変な国だしね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 パパさん、こんばんは。
安倍総理の過密スケジュールが心配です。
石原議員の出演していた番組では『安倍さんは死んでもいいという覚悟だな』という発言がありました。
 日本人は縁起が良くないと思うかもしれませんが、日本の未来のためには、次とその次の総理候補を育てなくてはいけませんね。
 もうすでに決まっているかもしれませんね。
 いつも安倍さんの後ろにいる、世耕さんかもと予想しています。
 確か近大の偉い人だと思ったのですが。
 
維新の橋下さん。考え方は好きなんですが、あの後先考えない発言が一国のリーダーには向いてないと思うのです。
 官房長官も重要ですね。

 ほんと韓国なんてどうでもいい。
ひょっとこハム太郎
2014/06/05 20:15
ハム太郎さん、おはようございます。
前回、体調不良で降板したことをいろいろ揶揄されるんで、必要以上に元気なところをアピールされているような気もします。ただ、世界の指導者の若返りは著しく、どうやら、今回のG7、安倍総理が最年長だそうです。もう、年寄りでは世界と互していけない時代かもしれませんね。

菅官房長官、麻生副総理が居ると言うのは大きいでしょうね。安心して国を離れられますし。総理が世界を回り、告げ口ではなく日本をアピールすると言うのは良い事です。が、無理しないで欲しいものです。
クルトンパパ
2014/06/06 07:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
朴槿恵、ギリギリ生存 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる