クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 質問が馬鹿すぎるから

<<   作成日時 : 2014/06/10 11:03   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

「批判恐れず信念述べる」=安倍首相、野党議員に反論―参院決算委

 「批判も時には恐れず、私は自分の信念を述べていくつもりだ」。安倍晋三首相は9日の参院決算委員会で、民主党の江崎孝氏が自民党総裁経験者の河野洋平元衆院議長の発言を引用して首相の国会での答弁ぶりを「上から目線」と批判したのに対し、こう反論した。

 江崎氏が引用したのは、河野氏の「安倍政権の姿勢には大きな危惧の念を抱かざるを得ない。答弁も国会議員に上からの目線で接している」との月刊誌での発言。しかし、首相は「信念を少し丸めてその場を取り繕ったとしても、後々大きな禍根を残すこともある」と取り合わず、集団的自衛権に関する江崎氏の質問を「ミスリードのオンパレードだ」とこき下ろした。

時事通信 2014年6月9日(月)

 確かに安倍総理の国会答弁においては、上から目線と言うか馬鹿にしたように感じられる答弁があるのは間違い無いが、国会で相手を指差しながら下らないクイズを得意げにやる小西や、靖国参拝で拉致家族会が怒ってると嘘ついて逃げてしまった徳永とか、麻生氏に対し以前、カップ麺の値段を聞いたのと変わらない下らん質問を続ける牧山とか、予算委員会で無関係の質問をだらだら続ける福島とか、ブーメランを炸裂させ続ける岡田、長妻、蓮舫、辻元とか、本当によく我慢して総理はじめ、閣僚は答えていると思うけどね。

 どうかもっとちゃんと勉強し、総理はじめ、閣僚が慌てふためくような厳しい質問をするべきは野党なのだと思うけどね。

 上から目線の答弁が嫌ならば、総理がうつむき、白目をむくような質問をしろ!と言う話だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
河野洋平という『売国奴』。
国民の要求にも無視する。
ようもヌケヌケと。

ひょっとこハム太郎
2014/06/10 21:08
ハム太郎さん、おはようございます。
河野洋平、あれが新自由クラブを立ち上げた頃は期待される政治家だったんですが、あのまま大物になっていたらと冷や汗が出ます。

河野談話に関し、批判的なメディアからの取材から逃げ続けている卑怯者には、政治にコメントする資格はまったくありません。
クルトンパパ
2014/06/11 06:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
質問が馬鹿すぎるから クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる