クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 教えて、偉い人

<<   作成日時 : 2014/07/02 08:12   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

    <集団的自衛権>81年見解を変更 戦後安保の大転換

 政府は1日、臨時閣議を開き、憲法9条の解釈を変更して集団的自衛権の行使を容認すると決めた。集団的自衛権は自国が攻撃を受けていなくても、他国同士の戦争に参加し、一方の国を防衛する権利。政府は1981年の政府答弁書の「憲法上許されない」との見解を堅持してきたが、安全保障環境の変化を理由に容認に踏み切った。自国防衛以外の目的で武力行使が可能となり、戦後日本の安保政策は大きく転換する。

毎日新聞 2014年7月1日(火)

 国連憲章が定め、加盟各国が行使を容認しているこの集団的自衛権。各国がそれぞれの判断でどう行使するかを決定しているのに、なぜ日本は自国で決定できず、アメリカの要請を断る事ができず、世界中で戦争をすることになるのでしょうか?

 なぜ、世界の潮流が徴兵検査廃止の方向に進む中で、日本は自衛隊にとって不向きな徴兵制度採用に邁進する事になるのでしょうか?

 なぜ、普段は国連の決定を支持する人々が、国連が認める権利を日本は認めてはいけないとおっしゃるのでしょうか?

 日本人はそれほど好戦的民族なんでしょうか?

 憲法を一言一句変えてはならない、とこれまで主張されてきた方が、今回、憲法解釈の変更じゃなく憲法を変えるべきだとおっしゃるのは、これからは憲法改正論議を積極的にやっていくと言う事なのでしょうか?

 教えて下さい、誰か偉い人。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
このまま少子化が止まらないで(残念ながら止まらないでしょう。移民入れるくらいですし)、若者が減っていったら徴兵制でもとらないともたなくなるのではないでしょうか、
偉くはないですが
2014/07/04 23:24
若年人口が今の半分くらいに減ったらともかくですけどね。そこまで減る頃には、人間が直接戦闘しなくなってるでしょうから、やっぱり徴兵は無いと思いますよ。
クルトンパパ
2014/07/05 07:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
教えて、偉い人 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる