クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国からの食品輸入は禁止すべきだ

<<   作成日時 : 2014/07/23 07:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

     上海の食品会社、食肉期限偽装し出荷…内部告発

 【北京=蒔田一彦】中国国営新華社通信によると、上海の食品会社が、保存期限が切れた牛肉や鶏肉を使用した商品を、中国内のマクドナルドやケンタッキー・フライド・チキンなど大手ファストフード店に出荷していたことがわかった。

 取引していたファストフード各社は21日、この食品会社製商品の販売を停止したと発表。衛生当局が調査を始めた。

 内部告発を受けた上海のテレビ局が調査し、明らかになった。食品会社は、保存期限切れの肉を使って「ミニステーキ」や「ナゲット」などを製造し、出荷していた。一部商品の保存期限表示を勝手に書き換えていた。

 この食品会社は米国系の大手企業で、経済紙「第一財経日報」(電子版)によると、取引先は、ファストフード店のほか、スターバックスやコンビニチェーン「セブン―イレブン」など多岐にわたるという。

読売新聞 2014年7月22日(火)

 とにかく中国から、口に入れるもの全ての輸入を即時、禁止すべきだ。野菜や魚などそのまま売っているのは、産地表示があるからね、まだ避けることができる。ただしこれも業者が産地偽装をしてないと言うことが大前提なのだが。

 が、マクドナルドやケンチキなどで買う時には、それがどこの産地かなどの表示は無いからね、一切わからない。当然、大手としての食品管理を信頼する以外に無い。この業者の場合、マクドナルドなどが検査に入った時だけは、消費期限切れなどの肉を隠し、まともな肉だけで作ってたと言うから、なかなか見抜けないのかもしれない。

 ただしテレビ局にさえ内部告発があって、それで潜入取材をして発覚したのだから、本当にマクドナルドなどが一切知らなかったのか?が疑わしかったりするのだけどね。とにかく、こう言う食品を購入している店に対しては、大手業者は立ち入り検査だけじゃなく、疑わしい場合には潜入捜査するくらいをやってもらわないとね。

 それ以前に、中国の富裕層は中国の食品を食べないし、一般庶民は諦めていると言うのが常識なのだから、そう言う国から食品類は輸入しない事だ。少々値が張ったとしても、安心できるものを食べるべきだから。

 外食チェーンなどは今後、中国産や韓国産を使用している場合には、きちんとメニューに表示する事を義務化すべきだな。正直、我々はもう、少しくらい毒を食ったって大したことは無い。が、わが国の明日をたくす子どもたちは、安全な食を与えるべきなのだからね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国からの食品輸入は禁止すべきだ クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる