クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS これはだめ

<<   作成日時 : 2014/07/23 08:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

      「脱法」の名称を改め「危険ドラッグ」に

 警察庁と厚生労働省は22日、一般から意見を募集していた脱法ドラッグの新しい呼称について、選考の結果「危険ドラッグ」に決めたと発表した。覚醒剤や大麻に似た作用があるにもかかわらず「脱法」との表現が安易な使用を招いているとして、今後、新呼称の普及を図る。

 警察庁と厚労省に計約8000件の応募があり、延べ約2万件の呼称が寄せられた。危険ドラッグの他に「準麻薬」「廃人ドラッグ」「危険薬物」「破滅ドラッグ」などがあった。

 古屋圭司国家公安委員長は22日の閣議後の記者会見で「『絶対に手を出さないで』と訴えたい。(新呼称が)浸透することで、非常に危険なものであると認識してもらえることを期待する」と述べた。

ZAKZAK 2014年7月22日(火)

 これはだめだ。「危険ドラッグ」などと言う名称では「脱法ハーブ」「脱法ドラッグ」などよりも違法性の認識が薄れるだろう。どうやら、応募してきた名称では「危険」「ドラッグ」と言うものが多かったと言うことでその二つをくっつけたらしい。

 馬鹿か?

 これは基本的には違法ではないが、限りなく違法薬物であり、非常に心身に害をなすもの。
 チラッと見た応募作の中で私のお気に入りは「廃人ドラッグ」と言うもの。もっと強烈に「廃人薬物」だとかでも十分である。

 とにかく、役所が作るものにろくなものが無いのは、あの「母さん助けて詐欺」で証明済み。さっき中尾彬が言っていたがそういえば山手線も「E電」と言う名称をつけたことがあるが、まったく浸透しなかったし。

 こうなれば、各メディアやネットが好きに呼ぶべきであり、その中できっと、定着するものが出てくるだろう。どう考えても「危険ドラッグ」にはセンスのかけらも無いのだからやめるべきだね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
これはだめ クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる