クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS デモ規制より音量規制

<<   作成日時 : 2014/08/29 07:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

  <自民PT>ヘイトスピーチ対応必要 国会周辺デモ規制も

 自民党の「ヘイトスピーチ対策等に関する検討プロジェクトチーム」(PT、座長・平沢勝栄政調会長代理)は28日の初会合で、特定の民族や人種の差別をあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)に対し、法規制も含む対応が必要との認識で一致した。一方、国会周辺での大音量の街宣活動やデモに対する規制も今後、議論の対象にすることを決めた。

 高市早苗政調会長は会合で「どの国であれ、特定の民族や国家をひぼう中傷するのは大変恥ずかしい」と強調。2020年の東京五輪開催も見据えて対応を検討する考えを示した。

 一方、PTは国会周辺の保守派による街宣活動や「週末の首相官邸周辺の活動」(出席議員)について、国会や外国公館近くで大音量での街宣を規制する「静穏保持法」の運用が適切かどうかを検証する方針を決めた。

 国会周辺では、毎週金曜の反原発デモのほか、集団的自衛権の行使容認や特定秘密保護法に反対するデモなどが行われている。静穏保持法には「表現の自由」に配慮する規定があり、警察庁は会合で、検挙件数が年間1件程度にとどまると説明。高市氏は「電話の声も聞こえず、仕事にならない。批判を恐れず議論を進めたい」と述べたが、出席者からは慎重意見も出た。

 民主党の大畠章宏幹事長は28日の記者会見で「ヘイトスピーチとデモでは性格が違う。デモは政治に意思を表現する手段だ」とけん制した。

毎日新聞 2014年8月28日(木)

 ヘイトスピーチもそれに対する「しばき隊」も規制したら良い。ああいう連中は、わが国の民度を下げているだけだし。で、国会周辺のデモだが、それを規制する必要は無い。どこだろうが、整然と法に則り行われるものを規制するのは、民主国家としてふさわしくない。

 が、デモだろうが、集会だろうが、街宣車だろうが、とにかく大音量で周辺に迷惑を掛けるあの音量は徹底的に規制すべきだとおもうぞ。

 警察、できれば交番単位で音量計を装備させ、一定以上の音量は全部アウトにすべきだぜぃ。
 国会周辺だろうが、街頭だろうが、うるさいのは勘弁。あの大音量は、自らの主張を告げると言うより、明らかに「恫喝」目的だとしか思えないよね。うるさすぎて、寝ている人とか赤ちゃんにも迷惑だし。
 
 デモはやらせるべきだろう、きちんと届けているのならば。が、音量規制、これをやれ、と思うぜよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
パパさん、こんばんは。
 どうも、在日やシバキ隊の取り巻き連中は、あくまでも、いわゆる『ヘイトスピーチ』に焦点をあてて、ここぞとばかりに調子に乗っていますが。
 問題なのは『近隣住民に迷惑な大音量のデモ』や『無届のデモ』なのであって、その主張の内容では無いというところですね。
 表現の内容にまで踏み込んでしまえば『じゃあ、日本人だけが残虐なんだ』という前提の『民族差別』は許されていいのか?ということになってしまいます。
 事実は、差別によるシナ人、韓国人の行った他民族への虐殺。これを隠ぺいしています。
 シバキ隊の大音量の基地外じみた活動が、自らの首を絞めるでしょう。
 ほとんど無届のデモのようですから。
 
民主党の方々『表現の自由』に踏み込んだら、国民は黙っちゃいませんよ。
 
ひょっとこハム太郎
2014/09/03 02:57
ハム太郎さん、おはようございます。
一部メディアや某有田のような、ヘイトスピーチだけを取り上げる偏向振りにはうんざりしますね。

この国は自由の国なんで、法に則ったデモは当然、許されるべきですが、音量は規制しないと。うるさくてたまりませんからね、あれは。

日本人を貶める連中はどうしようも無いので、心あるメディアとともに、一般からの正しい情報の発信も大事だと言うことでしょう。
クルトンパパ
2014/09/03 06:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
デモ規制より音量規制 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる