クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 遅いしいまだに嘘をつく朝日

<<   作成日時 : 2014/09/12 06:43   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 <朝日新聞>「慰安婦」「吉田調書」…社長、誤報認め謝罪

 東京電力福島第1原発事故を調べた政府の事故調査・検証委員会(政府事故調)による吉田昌郎(まさお)元所長(故人)の聴取結果書(吉田調書)を巡り、朝日新聞が5月20日朝刊で「所員の9割が吉田氏の待機命令に違反し、福島第2原発に撤退した」と報じた問題で、同社の木村伊量(ただかず)社長が11日記者会見した。「その場から逃げ出したような間違った印象を与える記事と判断した」として記事を取り消すとともに謝罪。自身の進退にも触れ「私の責任は逃れられない。編集部門の抜本改革など道筋がついた段階で速やかに進退を判断する」と述べた。

 ◇検証後「進退を判断」

 過去の従軍慰安婦報道について「慰安婦狩り」をしたとする吉田清治氏(故人)の証言を取り消すなどした検証記事(8月5、6日朝刊)で謝罪がなかったことなどに批判が出ていることについても、木村社長は「誤った記事で訂正は遅きに失したことを謝罪したい」と、この問題で初めて謝罪した。一方で、自身の進退を問う理由は「言うまでもなく吉田調書報道の重みだ」と述べ、慰安婦報道の問題より大きいとの認識も示した。

 会見は東京・築地の同社東京本社で行われた。木村社長らによると、吉田調書を巡る当初の報道では、調書に吉田元所長が「福島第1原発の近辺への退避を指示した」との証言があるのに加え、独自に入手した東電の内部資料には福島第1原発内の線量の低い場所で待機するよう指示したとの記述があったとして、福島第2原発への退避を「待機命令違反」と報じたと説明。ただし、この指示が所員に伝わったかどうかは、当時の所員から一人も取材で事実を確認できないままだったという。吉田元所長が調書で否定している「撤退」という言葉を記事で使ったことについては、「約10キロ離れた福島第2からはすぐに戻れないため『撤退』と表現した」と説明した。


 しかし、8月に入って他の新聞社が「命令違反はなかった」との報道を始め、社内で検証したところ、吉田氏の指示が多くの所員に伝わっていなかったことが判明したという。杉浦信之取締役編集担当は「当初は吉田氏の指示があったという外形的な事実だけで報道したが、所員が命令を知りながら意図的に背いて退避したという事実はなかった。秘匿性の高い資料で直接目に触れる記者やデスクを限定して取材を進めた結果、チェック機能が働かなかった」と釈明した。


 さらに、慰安婦問題の吉田証言については「虚偽だろうということで取り消した」としたが、強制連行そのものについては「慰安婦自らの意思に反した、広い意味での強制性があったと認識している」と述べた。

 朝日新聞は報道部門の責任者である杉浦取締役の職を12日付で解き、木村社長を進退を判断するまでの間、全額報酬返納とする処分も発表した。社内常設の第三者機関で吉田調書報道を検証。慰安婦問題報道については社外の弁護士やジャーナリストらの第三者委員会を設立し、取材の経緯や影響を検証する。

 同社の吉田調書報道は米紙ニューヨーク・タイムズなど多くの海外メディアにも引用された。これについて杉浦取締役は「おわびしなければいけない点。早急に英文で(撤回の記事を)発信したい」と話した。

 朝日新聞は11日、杉浦取締役を取締役社長付とし、杉浦氏の後任に西村陽一・取締役デジタル・国際担当、西村氏の後任(執行役員)に大西弘美・役員待遇経営企画室付を充てる人事を発表した。いずれも12日付。【奥山智己、堀智行】

 ◇記者会見のポイント◇

▽5月20日付朝刊「所長命令に違反 原発撤退」の記事について、社員らが現場から逃げ出したかのような印象を与えたのは間違いで記事は取り消す

▽杉浦信之取締役編集担当の職を解くなど関係者を処分。木村伊量社長も編集部門などの抜本改革に道筋をつけたうえで進退を判断

▽従軍慰安婦問題に関する記事について、誤った記事を掲載し訂正が遅れた点を謝罪

▽社内の第三者機関「報道と人権委員会(PRC)」で誤報の影響を審理するとともに、歴史学者らでつくる第三者委員会を設置し、従軍慰安婦問題に関する記事の訂正の経緯などを検証

毎日新聞 2014年9月11日(木)

 あれは誤報じゃない。公開された吉田調書を読めば、命令違反による撤退じゃないことは明白。朝日は情報に触れられるものが少なかったことでチェック体制が不十分だったとか言い訳しているが、一人でもまともに真っ直ぐな目で読めば、ああいう表現にならない

 さらに、朝日は裏づけ取材をやったのか?と言う問いに対し、「やったが誰からも取材できなかった」と言っているが、一方では当時の所員たちからは「誰か一人にでも聞いてくれれば、こう言うでたらめな記事は出なかったはず」と言う。取材などしていないんだよ、まともに。もしかしたら、朝日らしい高圧的態度で、命令違反ありきで決め付け取材しようとして拒否された可能性はあるけどね。
 あの記事のおかげで、当時の所員たちは世間から厳しい目で見られたが、世間に迷惑を掛けた事は間違い無いと言うことで反論すらできなかった、と言う。切腹ものだよ。

 それにしても、朝日、ようやく謝罪、訂正に応じたが、問題発覚後、謝罪・訂正がこれだけ遅れたら、他業種の会社がやろうものならどれほど批判したかとおもうと、本当にわが国のクオリティペーパーはろくでもない。

 慰安婦問題にしても、いまだに本質は「強制だった」と理由の無い主張を続け、わが国の名誉を著しく損なっている。この新聞は廃刊に追い込むべきだろうな。どうやら今、過去に例が無いほど、契約解除が進んでいるらしい。この動きを加速させるべきだね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
パパさん、おはようございます。
 朝日・毎日・中日がクォリティペーパー扱いされているのは、内容が評価されているためじゃなくて、単に発行部数の多いから。
 30年近く前のことですが、アメリカの雑誌でイエローペーパー呼ばわりされたのですが、それが正しい評価。
 取材に基づいた報道でなく、狂った信条を広めるためのデマを流すための機関は、犯罪結社として、相応しい罰を与えるべきです。
 未だに謝罪することなく、自分のデマの言い訳を続けるだけのマスゴミは、自分の垂れ流した新聞で火あぶりにされるのが一番相応しい。
世界史は面白い
2014/09/16 08:34
世界史は面白いさん、おはようございます。
ほんとうにクズ新聞ですね。それにしても、これまでと大して変わってないはずなのに、ここにきて次々と不祥事が表沙汰になってます。
朝日の日没がもうすぐ、と言うことかもしれません。もしここで本当に体質が変わり、まともな新聞になれるのなら良いのですが、その可能性は無いですからね。
クルトンパパ
2014/09/17 06:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
遅いしいまだに嘘をつく朝日 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる