クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国に国際大会開催は無理だ

<<   作成日時 : 2014/09/22 11:51   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

世界一バド男子に不可解逆風…空調操作?田児「他の国じゃありえない」

 ◇仁川アジア大会第3日(2014年9月21日)

 世界一のチームが“アウェーの洗礼”に屈した。バドミントン男子団体が行われ、5月の国・地域別対抗戦のトマス杯で優勝していた日本は、初戦となった韓国との準々決勝で5時間30分を超える激闘の末、2―3で敗れて44年ぶりの表彰台に届かず。エースの田児賢一(25=NTT東日本)が出場した第1試合のシングルスでは、韓国を後押しする不可解な風が会場に吹き荒れた。

 21―12で奪った第1ゲームは無風だったが、第2ゲームに入ると、田児を向かい風が襲う。コートチェンジした第3ゲームは風向きが変わるはずだが、空調が意図的に操作されたのか、なぜか再び向かい風。シャトルは軽く、風の影響を受けやすいため、向かい風だと圧倒的に不利だ。1―2と逆転で落とし、「途中で風が変わるなんて、他の国じゃありえない。事前に打ち合わせしてたんじゃないの。だって韓国の選手は面食らってなかったでしょ」と吐き捨てた。

 第2ゲーム中に審判本部に抗議した日本代表の舛田コーチは、怒りを通り越し、あきれていた。「風が明らかにおかしかった。都合が良すぎる」。隣のコートでプレーし、風の影響を受けて大逆転負けを喫したインドネシア選手からも、「おまえらがコートを移動したら風向きが変わった」と言われたという。日本オリンピック委員会(JOC)に提出する報告書にもこの件について記載し、問題提起する構えだ。

スポニチアネックス 2014年9月22日(月)

 よくこれだけ恥知らずな事ができるものだ、と考えるのは日本人などまともな人たちであって、韓国人の感性から言えば、自国開催なのだから、自国に有利に調整するのは当然の話だと考えるのだろう。

 そうじゃなければ普通の国で、たとえ自国に有利となるためと言えど、こう言う行為をやった事が表沙汰になれば、徹底的に叩かれることが予想されるので、誰もやらないのだが、専制国家と韓国は大丈夫だと言うことだ。

 体育館でやると言っても、当然のように空調は必要で、その風が軽いシャトルに影響を与えるのだろう。が、普通ならば、人工的な風なのだから、どちらに有利ともならないよう、風向きを一定にしておくべきなのだが、韓国はそうは考えない。

 インドネシアのチームが「おまえらがコートを移動したら風向きが変わった」と言うのだから、明らかに日韓戦のコートチェンジに合わせ、意図的に風向きを買えたと言うことだ。

 もう、抗議する必要など無い。それよりもこう言う事実をきちんとした他者の証言とともに世界中に淡々と伝え、国際大会を韓国ではやるべきじゃない事を広めていったほうが良いだろうなあ。

 選手村でも意図的に日本に対する嫌がらせがあっていると言うから、これ以上、参加するのはやめて、さっさと全員で帰国したほうが良いと思うぞ。柔道、レスリングなどでどう言う怪我を選手がするかわからんのだから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ここまでしてメダルなんて虚しいもんに縋ろうとする韓国も情けないのですが、日本の選手にもフェンシングに於いて、実家が皇子山の殺人ガキのすぐ近所のくせに図々しい野郎がいませんでした?
…………
2014/10/21 00:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓国に国際大会開催は無理だ クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる