クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 天安門の悲劇が

<<   作成日時 : 2014/09/30 07:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

   香港占拠、金融街に拡大 民主派抗議、逮捕89人に

 香港トップを選ぶ行政長官選挙をめぐり、中国が示した選挙改革案に反発する学生ら民主派が香港中心部の道路を占拠し、抗議デモが拡大している。週明けの29日には、当初計画していた金融街・中環(セントラル)も占拠。幹線道路が寸断され、市民生活にも大きな影響が出た。警察の鎮圧への反発も強まっており、アジア有数の金融街を揺るがしかねない情勢だ。

 占拠は、政府庁舎が集まる香港島の金鐘(アドミラルティ)から周辺に拡大。繁華街の銅鑼湾(コーズウェイベイ)や湾仔(ワンチャイ)、九竜半島の旺角(モンコック)でも行われている。英スタンダードチャータード銀行など約20銀行で40を超す支店が営業を停止。周辺の学校や商店も休みになった。

 香港警察は29日夕までに計89人を公務執行妨害などの容疑で逮捕。28日夜から29日未明にかけては催涙弾87発を発射するなどし、路上から学生らを排除しようとしたが失敗。展開していた機動隊をいったん撤退させた。梁振英・行政長官は「警察は社会秩序の維持に努め、自制心をもって対応している」としたが、40人以上のけが人が出ており、反発を強めた民主派は梁氏の辞任や完全な普通選挙の導入などを求めている。

朝日新聞デジタル 2014年9月30日(火)

 どうやら「香港が中国になる」などと言っているようだが、馬鹿を言ってはいけない。今も立派に中国だ。都合が良い時は、大中華帝国の一員である事を誇りにするくせに、ちょっと締め付けが来るとこう言う事を言うあたり、間違いなく中国人だ。

 それはともかく、このデモは簡単に収まりそうも無い。中国政府としては、香港の経済力は絶対に手放せないものだし、そのためには、自分たちのコントロールが利く行政長官を置く必要があるのだから、舵取りが難しくなる可能性が高い民主派など、立候補させる訳には行かない。以前ならば、立候補させるまではさせて、選挙結果は結果に関わらず政府に都合が良いものに決めれば良かったが、今の時代、それをやれば間違いなく世界中の批判を浴びる。

 どっちにしても、立候補の自由を認めないのだから、批判されてしかるべきなのだが、もともと、中国は専制国家であり民主主義など全く無い国であり、香港は常日頃その大国中国の恩恵を甘受していたのだから、ある意味、自業自得と言うことで世界はそれほど、韓国の民主勢力に対する支援の声が上がらないのかもしれない。

 が、いつまでも中国政府が、こう言う民主化デモのような事を放置しているはずが無い。あの天安門を指導したのは、笑顔を浮かべ、民主化を推進しているような顔をしていたケ小平だった。今の習近平はケ小平ほどの権力の掌握もすんでいないのだから、最後は世界が何を言おうが、弾圧に乗り出すだろう。

 すでに、常任理事国が何をやっても、国連はまったく無力だと言うことを、クリミア問題で露呈しているのだから、習近平は必ずやる。アメリカにしても、批判はしても、今、中国と経済関係を絶つ訳には行かないのだから、持っているカードは多くない。

 どこで民主化運動を妥協するか?それができなければ、あの天安門の悲劇が繰り返されることになる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
天安門の悲劇が クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる