クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS やっぱりバ韓国

<<   作成日時 : 2014/09/30 08:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

日韓戦に安重根の肖像画 FIFA規定違反の可能性 アジア大会

 サッカー男子準々決勝の日韓戦が行われた会場で、韓国サポーターが初代韓国統監の伊藤博文を暗殺した独立運動家、安重根の肖像画が掲げられた。

 両国のサポーター間に混乱はなかったが、政治的な活動を禁じる国際サッカー連盟(FIFA)の規定に違反する可能性がある。

産経新聞 2014年9月29日(月)

 会場内での政治的アピールが禁止されている、と言うことを最も繰り返し、繰り返し指摘されているのに勧告はまったくそれを理解しようとしない。どうやら彼らに言わせればわが国の英雄の肖像を掲げただけであり、何の問題も無いと強弁したいらしいが、愚か以外の何物でもない。

 そろそろ、FIFAも韓国に対し、厳しい制裁をかす必要がある。対外試合禁止とか、韓国人サポーターの国際大会会場への入場を1年くらい禁止するとか。

 それにしても韓国人の愚かさは呆れるばかりだ。同じ朝鮮民族であるが、北朝鮮は安重根を英雄視しない。当然である。彼が暗殺したとされている伊藤博文は、当時日本国内で高まっていた朝鮮併合に反対していた非常に大きな壁であったのであり、それをこう言う形で除いた事で、一気に朝鮮併合へ国論が傾いたのだから、馬鹿な事をやったと言う以外、何にも無い。

 しかも実際に安重根が暗殺したのかすらあやしい。実は、日本国内の朝鮮併合派が最大の障壁である伊藤博文を除くため、彼を利用したが、実際に実行したのは日本人だと言う話もあるし。それが韓国最大の英雄。

 今一人の英雄である李舜臣にしても、実際には文禄の役の当初はそれなりに活躍できたが、後半には通用しなくなり、慶長の役ではかなりやられている。が、韓国内での伝説では、島津水軍との激しい戦いの中で、傷を負った上で虜囚となる事を恥じ、自ら命を絶っただの、そこを生き抜き戦後は隠遁生活を送っただのと言う伝説に彩られている。

 あの国は可哀想だが、ずっと中国の属国であったため、偉人と言うものがほとんどいない。そう言う存在は宗主国中国の歴代王朝が一切、許さないからだ。中国に配慮しなければならないから、今も残る日本併合前の写真で見る朝鮮の指導者たちは、2輪の車にすら乗れず、1輪車に乗っている。

 それは知性的に仕方無いものであり、日本がそうならなかったのは日本海があったからだろう。が、その事実を認めず、ウリナラファンタジーに彩られた歴史を語り、偉人を無理やり作り出す、それが今の韓国の実態。

 そう言うことをおいていても、今回の大会での韓国の姿勢はとてもじゃないが、国際大会を開催できるレベルには無い事を証明してしまった。平昌冬季五輪、今からでも遅くない。返上すべきだと思うぞ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
やっぱりバ韓国 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる