クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS うちわかブーメランか

<<   作成日時 : 2014/10/08 07:16   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

松島法相、今度は“うちわ問題”「都合良く解釈するな!」蓮舫氏追及

 参院予算委員会が7日午前、安倍晋三首相と全閣僚が出席のうえ始まった。この中で、民主党の蓮舫元行政刷新担当相が松島みどり法相を厳しく追及する場面があった。

 蓮舫氏は松島氏が経済産業副大臣だった今年夏に選挙区の東京都荒川区などで、うちわを配布したことが、公職選挙法が禁止する「寄付」に該当すると指摘した。

 松島氏は「討議資料として配った。有価物に値するとは考えていない。うちわのように見えるかもしれないが…」と釈明したが、蓮舫氏は「法律を自分に都合良く解釈するな!」と追及の手を緩めなかった。

 松島氏の法相の適性を問われた安倍首相は「こうした疑いを受ける以上、今後、こうした物の配布を行わないことが望ましい」と答弁した。

産経新聞 2014年10月7日(火)

 小さく「討議資料」と書いたところで、誰が見てもあれは「うちわ」だから、当然、公職選挙法が禁止する有価物であるのは間違い無い。

 わざわざ、公選法には違反の有価物の中に「うちわ」とまで書いてあるのは、政治家がよく配布するものだからなんだろう。

 総理の助け舟もあった事だし、素直に「誤解されやすいものを配布してしまった事を謝罪します」と言うべきだろう。

 が、一方偉そうに追求している蓮舫も、選挙時、丸いうちわのような広報物を配布しているのだけどね。本人の弁によると「うちわのように穴が開いていないからうちわじゃない」のだそうだが、夏の参院選であの形のものを配る意図は、誰が考えても「うちわ」として使って下さい、と言うことだから、五十歩百歩だな。

 そんな事より、景気がちょっとあやしい雲行きになり、イスラム国が緊迫し、北朝鮮の動向からも目を離せないと言う、非常に重要な局面の中で、国会の予算委員会でこう言うしょうも無い事を、まるで鬼の首を取ったかのような顔つきで、何を蓮舫は追及しているのか?

 大事なことはそんなところには無い!アベノミクスの現状だとか、原発再稼動とかもっと大事なことが一杯あるはず。うちわの問題など、枝葉末節。予算委員会ではなく、法務委員会か何かで問え!


 国会に品格は無い、と言うことだな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
蓮舫。
 製造業の企業国外流出による、日本国勤労者への長時間労働なんとかしろ。
 無駄な議員。
ひょっとこハム太郎
2014/10/12 21:32
蓮舫は中身がないんです。だから、目立てそうな事だけを取り上げます。

あれはだめですね。
クルトンパパ
2014/10/14 06:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
うちわかブーメランか クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる