クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 3氏にノーベル賞

<<   作成日時 : 2014/10/08 07:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 7

     ノーベル物理学賞に赤崎・天野・中村氏

 スウェーデン王立科学アカデミーは7日、2014年のノーベル物理学賞を、青色発光ダイオード(LED)を開発した名城大学の赤崎勇教授(85)と名古屋大学の天野浩教授(54)、米カリフォルニア大学サンタバーバラ校の中村修二教授(60)の3人に贈ると発表した。

 3人の開発した技術が実用化に結び付き、ろうそく、電球、蛍光灯に続く「第4世代の光」として、LEDが広く社会に普及する礎を築いたことが評価された。記者会見で同賞の選考委員は「人類のより良い生活につながる発明に賞を与えるとしたアルフレッド・ノーベルの思いにまさに合致する」とたたえた。

 これで日本のノーベル賞受賞者は22人となる。物理学賞は08年の南部陽一郎、小林誠、益川敏英の3氏以来6年ぶり。賞金は800万スウェーデン・クローナ(約1億2000万円)で、3人で等分する。授賞式は12月10日、ストックホルムで行われる。

 授賞理由は「高輝度で省エネルギーの白色光源を可能にした効率的な青色LEDの開発」。LEDは省エネで寿命が長いという特長がある。光の三原色のうち、赤と緑のLEDは、1960年代に開発された。しかし、残る青色のLEDは、商品化に必要な明るさを得るための作製技術が長く見つからなかった。

 赤崎氏は松下電器産業(現在のパナソニック)東京研究所にいた1970年代前半、青色LEDの研究開発をスタート。材料として化学的に安定した「窒化ガリウム」にこだわり、名古屋大教授に転身後の85年、作製が困難とされていた透明な結晶を作ることに、当時大学院生だった天野氏と成功した。2人はこの結晶を用いて、LEDに必要な2種類の半導体を作製、青色LEDを89年に世界で初めて開発した。

 一方、中村氏は徳島県阿南市の蛍光製品製造業「日亜化学工業」に勤めていた88年、研究に着手。窒化ガリウムの結晶を作る独自の製法を編み出し、93年に量産化技術を開発した。さらに97年、青色の半導体レーザーを開発し、大容量のブルーレイディスクの読み取りや記録に応用されるなど、光学分野で世界をリードしてきた。
読売新聞 2014年10月7日(火)

 青色LED、やっぱりあの中村教授の企業との訴訟が凄く印象に残っている。
 中村氏が言うように、サラリーマン研究者がもっと、報われるような体制を国を挙げて作って行かないと、今回の受賞も、日本では「3人の日本人」だが、アメリカでは「二人の日本人研究者と一人のアメリカ市民」が受賞と言われている。

 中村氏のような人が、日本国内にとどまって研究、開発を続けていけるような、そう言う環境を作って行かないと、資源は人だ!と言う日本の将来は厳しい
事になってしまうぞ。

 青色LEDができた事で、世界は大きく変わったから、ノーベル委員会が言うように、まさしくこれはノーベル賞にふさわしい。

 これで日本人22名。村上春樹氏が取れるかどうかが、今年の注目だったけど、嬉しい驚きだね。

 とは言え、このところの受賞者の多くは、かつて日本が元気一杯だった70年代、80年代の研究者たち。国を挙げて、研究・開発をやれる、そう言う体制を作って行かないと、物づくりこそ国づくりできた日本の明日があぶなくなるよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
そうですね。
中村氏がアメリカに行ったのはきっと日本にこれ以上希望がなかったからだと思います。
哀しいですが
これが現実です。
研究者の流失を止める魅力的な日本の研究環境になることを望みます。
とも
2014/10/08 10:05
ともさん、こんにちは。
今日はずっと中村教授が出ていらっしゃいますが、日本の研究者、特に会社員の研究者に対し、日本じゃ無理だ、早くアメリカにおいで、とおっしゃってました。

それが日本の現状なんでしょう。頭脳流出をずっと言われ続けてきたのに、この国は手を打ってこなかったんですね。

明日の日本のために、今からでも環境を整えないとだめです。
クルトンパパ
2014/10/08 12:16
俺は喜べません。

ノーベル賞なんか虚しいだけです。
…………
2014/10/08 12:47
お祝いです。素直に喜ぶほうが良いですよ。
私がもらった訳でも何でも無いにしても、悪い気はしません。意味不明の平和賞じゃありませんから。
クルトンパパ
2014/10/08 16:39
山中伸弥の時は、大津をはじめ各地で児童や学校、教育委員会の冷血ぶりや遺族の無念が散々報道されてる中で日本にヘラヘラ与えたわけですから、「このオヤジ、皇子山事件やらの遺族に喧嘩売ってるのか?」とさえ思いました。
…………
2014/10/09 20:18
どんな時にもニュースは一つじゃない。
良いニュース、悪いニュースがあるものです。

後の取捨選択はこちら側の仕事。

努力を実らせた人に対しては、素直に祝福すべきだと思いますよ。
クルトンパパ
2014/10/10 06:19
山中は大津の事件の加害者をも喜ばせてるんです。

あの時、加害者の一人の父親が京大医学部卒と報道がありましたが、その矢先京大と医学が重なった山中がそれによって、加害者一家をも大喜びさせてるんですから。
…………
2014/11/07 12:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
3氏にノーベル賞 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる