クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 素敵な大韓民国

<<   作成日時 : 2014/10/16 07:34   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

韓国国会大揺れ 産経前ソウル支局長起訴めぐり「処罰軽い」「国益損ねた」

 韓国国会が紛糾している。朴槿恵(パク・クネ)大統領の名誉を毀損(きそん)したとして、ソウル中央地検が産経新聞の加藤達也前ソウル支局長を在宅起訴した問題をめぐり、野党が「韓国のイメージ低下につながり、国益に反する」と批判しているのに対し、与党は「当然の措置」などと主張しているのだ。

 激しい論議は、前支局長の在宅起訴が決まった8日以降続いている。国際社会が「韓国=言論弾圧国家」などと指摘しているためだ。

 韓国メディアによると、最大野党、新政治民主連合の朴智元(パク・チウォン)議員(元文化観光相)は13日、国会での法務省への監査委員会で「韓国が言論の自由のない国であることを世界に広めてしまった。不必要な行為だ」と、起訴を強く批判した。

 さらに、「朴氏が(旅客船沈没事故の当日)7時間も所在不明だったとの問題を各国メディアが報じた。むしろ、(誤った判断をした)検察を起訴すべきではないか」と訴えた。野党議員からは「(大統領の名誉を守るため)韓国の国益を損ねてしまった」との主張が続いている。

 これに対し、与党セヌリ党側は「当然の処分」との意見のほか、「なぜ在宅のままなのか。在宅起訴は外国人記者への優遇措置であり、処罰としては軽い」などと反論している。

 朴議員ら野党は左派系で、歴史認識をめぐって産経新聞には日ごろから批判的だ。今回の起訴で、その産経新聞が“言論弾圧の被害者”となり、同時に韓国の国際的なイメージを低下させたわけで、「二重の逆効果を招いた」としている。

ZAKZAK 2014年10月15日(水)

 これ、何が凄いと言って、与党議員が「当然の処分」「在宅起訴など軽すぎる」と頭のねじがぶっ飛んだような事を言っていると言う点だね。
 少しでも世の中を知っていれば、朴槿恵女王のヒステリーのために、韓国がいまだ、言論の自由など無い未開国であることを世界に露呈した事が、どれほど韓国にとってマイナスかわかりそうなものだけど寝。

 記事にもあるように、この産経の記事(ただし、産経の記事も褒められたものじゃないのは言うまでも無いのだが)は、当初、朝鮮日報などが伝え、さらにそれを世界中に配信されたもの。なのに、反日感情丸出しの愚かな女王陛下は、「日本の新聞記者なら何をやっても世論は味方してくれる」とでも思ったのだろう、産経を狙い撃ち。

 本来、あまり乗り気でなく、不起訴にしたかったと言う検察に圧力を掛けて、強引に起訴させてしまった。
 これは相当な国益を失ったことなのに、与党はそれでも支援する。

 偉大なる大韓民国は、どうやら歴史認識だけじゃなく、言論の自由に関しても、世界中を韓国から孤立させるつもりのようだな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
隣国であることの不幸を悲しみつつ、うすら笑いで見守ってあげましょう。
まあ、セコイことをいうと、こんな国につきまとわれる日本はなんと気の毒な、と世界に同情されるかもしれませんが。

また、産経の記事がカスだった点においては自分も全く同感です。これは日本人としてはちょっと残念でした。
こういう後進国が
2014/10/27 22:25
産経の記事はだめなんですが、それに対するヒステリーはもっと異常。

朴槿恵、一度精神鑑定を受けたほうが良いと言う気がします。
クルトンパパ
2014/10/28 06:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
素敵な大韓民国 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる